1st:スカイバス

 銀杏企画のアウルです。
 今回は銀杏企画での7月の行事について書きます。

 7月の行事のメインはスカイバス東京で、警察博物館や東京駅にも行きました。
 スカイバス東京というのは屋根が開いた二階建てのバスで、日の丸自動車興行さんが東京都内で運行されています。

 今回は観光した順番で紹介していきます。

警察博物館
スカイバス01修正完了

 警察博物館にはさまざまなフロアがありました。
 まず館内に入る前にパトカーがありました。中に入ることはできませんでしたが、止まって展示されています。
 館内に入ると、ヘリコプターがお出迎え。こちらは中に入ることができました。
 次に白バイと赤バイがお出迎え。赤バイについては、当時のそのものではなく、同じ系統のバイクが代わりに展示されていました。
 私は赤バイを見たことがあまりなかったので、意外性がありました。
 白バイにはまたがることができ、ポーズをとって楽しんでいる人もたくさんいました。
 いい撮影スポットかもしれません。
 過去の事件についてまとめられたエリアでは、メンバーがそれぞれ当時の状況について思い起こし、話し合っていました。
 科捜研のエリアなどもあり、ドラマで知名度があがっているねと話しました。
 大事件で当時使われていた道具や服も展示されていて、より当時の現場の過酷さが伝わりやすくなっていました。
 映像のエリアもあり、警察犬についての映像が放映されていました。
 警察犬と警察官の訓練について、アニメーションと実際の映像が交互に流れるようになっていて、よりわかりやすく伝わるような映像でした。犬の一人称で語られるシーンが多く、子供たちが親近感を持って見ることができるアニメになっていました。アニメーションで登場する警察官さんは実在の方で、最後のほうでご本人が語っていらっしゃる場面がありました。

キッチンストリート
 お昼ご飯は全員が東京駅のキッチンストリートで食べました。
 あらかじめ、好きな食べ物を選んで班分けしていたので、各自が食べたいものを食べることができました。当日はこの班で行動したので、この班で動くことが多く、私はラーメン班でした。ラーメンは徳島ラーメンでおいしかったので班全員が替え玉と餃子まで食べました。ラーメン屋さんで班の人といろいろな話をして、盛り上がることができ、楽しめました。

スカイバス東京
 スカイバスはレインボーブリッジやお台場を経由するコースで行きました。
 スカイバスには期待していましたが、期待よりはるかに面白かったです。
 シートベルトをつけて発車。発車前に「皆さん心の準備は大丈夫ですか」とガイドさん。
 最初はどういう意味だろうかと考えていましたが、乗っている最中に理解できました。
 まず走行速度が思ったよりも速く、高速道路も速く運転してくださいました。
 高速の間、後ろの席のメンバーは髪の毛が逆立っていて、本人たちも見ている私たちも笑っていました。
 遊園地のアトラクションみたいだねとメンバーと話しました。
 他にも心の準備が必要な場面が。東京タワーの真下を通る際に、バスガイドさんからアナウンスがあり、より映える取り方を教えてくださいました。文字通り真下からカメラやスマホを斜めに傾けて撮ると迫力のある写真が撮れました。
 東京の名スポットをたくさん回るコースで、東京についてより詳しく知ることができ、とても良い機会となりました。
 バスガイドさんはほとんど止まることなく、観光案内をしてくださり、さすがプロだなと思いました。
 レインボーブリッジを通る際は、海も見え、スピードが出ていたこともあり、涼しくとても良い心地で乗っていました。
 豊洲市場の現状をバスの上から見ることができた上に、築地市場の状況も見ることができました。
 銀座や皇居周辺なども通過していき、有名ブランドが入った巨大なビルを横目に見ながらバス観光ができました。

スカイバス04修正完了

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



銀杏企画バレーボール大会祝勝会 (10/18)

オープン分室 (09/27)

就職セミナーについて (09/04)

移行分室茶話会 (09/04)

2nd:【夏の行事】 池袋ビュッフェ&水族館 (08/09)

花壇に花を植えました (08/02)

1st:スカイバス (07/30)

第5回銀杏企画三丁目就労移行講演会 (07/29)

本郷防災コンクール (07/29)

移行分室行事(国立科学博物館&伊豆栄) (07/26)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。