2nd:房総一泊旅行

1st:一泊旅行に行ってきました(二日目)

2日目です。
かずたは、寝不足を感じながらバスに乗り込み、萬城の滝に向かいました。
この日は進行がかずたにほぼ任されていたので、大変でしたし、ミスも多かったのですが、どうにかやり終えました。
まずは、萬城の滝から…

萬城の滝

萬城の滝

萬城の滝は別名”裏見の滝”とも呼ばれ、昔は裏側から見ることができたそうですが、今は安全を考えて裏へ行く道は通行禁止になっています。
大変な水量の滝で、見る者を圧倒する感じがします。

かずたは下見の時またバカなことをやらされて、写真の撮り方によっては滝の水を飲んでいるような写真が撮れるので、それにトライしているメンバーさんたちもいました。

バスの駐車場あたりにわさびソフトクリームを売っている店があって、皆さんに好評でした。
ここは、ソフトクリームにわさびが添えてあるもので(滝が近づくにつれて、わさび畑が増えてくる)、結構有名で、他にはないものらしいです。
かずたは、遠慮してしまいましたが、食べた人もたくさんいるようでした。
キャンプ場もそばにあるようでした。

韮山反射炉

韮山反射炉

韮山反射炉は、鉄を溶かす溶鉱炉で、お台場に置く大砲を作っていたところです。
かずたは、ここで誘導にまごついてしまい、皆さんに大変な迷惑をかけてしまいました。ごめんなさいm(__)m。
反射炉がこのように現存しているのは珍しいらしく、世界遺産に登録された(される?)そうです。
見たメンバーさんの感想には、思ったより小さいものだなぁというのがありましたし、柵の外からも丸見えなので、お金を払わなくても見られるなぁというのがありました。(銀杏は、入場料免除になっていました。)
始終せかせかした感じで、じっくり見たかった人には物足りなかったかもしれませんが、歴史的に意味のあるものが実際に目で見られた体験というものは重要かもしれません。

いちご狩り

いちご狩り

いちご狩りセンターは、韮山反射炉のもの凄く近くにあるので、バスですぐ着きました。
かずたは、下見に行ったとき、バスでハウスに行ったのですが、今回はセンターのすぐ近くの徒歩で行けるところでした。
いちごは買うと結構高いものですが、なかなか食べようとしても量は食べられず、30分間食べた人はいませんでした。
また、この日はとても気温が高かったので、ハウスの中は薄着が推奨されました。
そのため、温まっているいちごがありましたが、甘いもの、ちょっと酸っぱいものいろいろ食べられました。
甘いのにあたるとものすごく甘く、非常においしさを感じられました。

菜の花畑が近くにあって出入り自由なのですが、そこに入っている人もいるようでした。
旅行のしめは、富士山をバックにパチリ!(集合写真の人物を塗りつぶしてありますが…)

富士山をバックに

これだけ見事な富士山を見たのも初めてです。
なんでも、前日か前々日に大雪が降ってこのような形になっているようです。

その後、ジャンボひものセンターに寄ったりしましたが(結構みんな買っていた)、今年の旅行は平和だったなぁというのが職員さんたちの大まかな感想です。
かずたは、旅行の記憶がすでにだんだんと薄れてきていますが、初めての春の旅行、結構楽しめたんじゃないかと思います。

1st:一泊旅行に行ってきました(続き)

昨日の続きです。
ここからは、各観光地について順に話していきたいと思います。

三島スカイウォーク

スカイウォーク_遠景

三島スカイウォークは、とても長い三島にある吊り橋です。
旅行に行った人のうち、渡るのを辞退したり、途中で帰ってしまった人もいましたが、自分を含めて多くの人が渡り終えました。
横揺れをしない設計と聞いていたのですが、自分たち以外にもお客さんが多いので結構揺れます。
まっすぐ歩きにくいというか、横にある手すりに結構よろよろしてぶつかってしまいました。

かずたは、初めて渡り切りましたが、向こう岸もあまり変わったところはありませんでした。
帰りは、すいすいとスピードをつけて渡ったので、ゆらゆらと橋が揺れることもなく、手すりにぶつかったりもしませんでした。
個人的な感想ですが、この橋を毎日渡っていると、体がなんとなく鍛えられる気がしました。

一日目は曇っていたので富士山が見えることはありませんでしたが、風も弱く、結構渡るには条件が良かったのではないかと思います。

酪農王国オラッチェ

オラッチェ_どうぶつ広場

バスにしばらく乗って、オラッチェという小さな牧場のようなところに行きました。
アイスクリーム作り体験などもできるこの施設。お土産も大部分ここで買ったようです。
メインの目的は昼食でしたが、動物と遊んだり、竹馬が置いてあってそれに挑戦している人たちもいました。
本当にのどかなところで、自分も旅行で一押しの場所の一つです。

こんな絵になるシーンがある一方、

オラッチェ_動物

かずたはこんなバカなことをやっていました。

オラッチェ_座っている男

オラッチェ_子供の乗り物に乗る男

童心に帰れるというか、とてものどかなところです。
やはり、自然の中に身を置くと心が安らぎますね!

アカオローズガーデン

ここでは、写真にあまりにも人が写っているので、個人情報の保護のため写真のアップを控えます。

ここは、もっともアクティブな活動をした場所で、バスで坂道を登っていき、歩いて坂道を下ってくるという散歩の要素のほか、石鹸作りというえらく大変な実習がありました。

頂上の日本庭園の鳳凰の松の前で集合写真を撮り、そこから班ごとに下っていきました。
石鹸作りをするスポットにたどり着くまでに、コインを投げて占いをするところや、バラのアイスクリームを売っている所がありました。
バラのアイスクリームはかずたはぜひ食べてみたかったのですが、みんながどんどん歩いて行ってしまうので、食べる機会を逃してしまいました。
ちなみに、オラッチェでもソフトクリームがあって、非常に濃厚な味わいのものでした。


石鹸作りは、とても力がいる仕事で(物を作る実習は銀杏企画では持久力が必要なものが多い…)片栗粉のような粉が袋の中に入っていて、香りのもとや、はちみつやオイルなどを入れてひたすら袋に入れたままこねるのですが、実に辛抱強さが必要です。
だんだんと粘土状になり固まってきたところで、型に入れて成形します。
これも実に力のいる仕事でした。

出来上がった石鹸は、手を洗うときぬるっとしたので、かなり強い石鹸のような気がしましたが、思い出にはなりました。
ちなみに、下見の時、ローズガーデンのバスに乗ったら、いい香りが漂っていて、こんな所もメンバーの方々に体験してもらいたかったなあとも感じました。


その後、バスは海沿いを走り、ホテルでゆっくりしたり、大浴場に入ったり、宴会や二次会をしたりして、次の日の朝まで過ごしました。

1st:3/16・3/17に一泊旅行に行ってきました!

3月の16・17日に、ファーストでは伊東方面に一泊旅行に行ってきました。
参加人数は、36人でした。
行程は、下見のブログ参照ください!
では、今回の旅行のブログを書いてみたいと思います。

各係の活動

銀杏では、旅行でも係活動というものがあります。
実行委員が軸を作る他にも、”バスレク係”、”宴会係”、”おやつ・ビデオ・おみやげ係”、”しおり・写真係”の4つがあります。
今年は、エンターテイメント性の強い”バスレク”、”宴会”の各係が今までにない密度の濃い出し物を披露してくれたし、ビデオの係の人たちも、活動時間が今までより長いような感じを受けたし、写真も思い出に残る素敵な写真を撮ってくれました。
その他、旅行に参加しない方たちも、係活動に参加してくれて、ご苦労様でした。

両日の昼食

まずは、写真はありませんが、1日目、2日目の昼食について書いてみたいと思います。
1日目は、”酪農王国オラッチェ”での、オラッチェ弁当。2日目は、”韮山反射炉”の敷地内にある、”蔵屋鳴沢”での網焼きの昼食でした。
オラッチェ弁当は、最初量が少ないのではないかとみんな思っているらしかったですが、食べ終わってみると、ちょうどよかったかなという感想が多かった気がします。
かずたは、てんぷらがついていたということぐらいしか覚えていませんが、飲むヨーグルトがここでとられた新鮮なものだという感じがしました。

蔵屋鳴沢での網焼きは、牛、豚、鶏の肉を網で焼いたほか、干物、野菜数点、お茶のおにぎりがありました。
こちらは、一見量が少なく見えるのですが、大変腹にたまるものでした。
鶏、豚、牛の順に焼いていくと、網にくっつきにくいということでしたが、かずたなどは、鶏肉から網にへばりつけてしまい、困ったなぁと思っていましたが、そのうち網にくっついた部分は黒こげになってしまったので、どうにかなりました。

両方の食事とも、ブランドと呼ばれる食材は使っていない気がしますが、皆さんで楽しく食事ができて大変良かったと思います。

夕食(宴会)・朝食(バイキング)

今回のブログでは、宴会の密度が高かったと宴会については述べるにとどめ、夕食についてちょっと書いてみたいと思います。
かずたなどは、やはり海産物に目が行きます。
ふたを開けて、”これは、アワビか!”と思った貝もありましたが、違うアワビに似た貝のようでした。
さしみも出ましたし、寿司を期待していた人もいらっしゃったようですが、寿司は出ず、何というかあまり記憶には残っていない食事でしたが、旅行会社の方の言うとおり、おなか一杯になりました。
本当は、刺身の盛り合わせと、カニをつけようという予定もあったのですが、どうだったでしょうか?

ちなみに、宴会係さんたちはあまりにも密度が濃かったのでいつ食事をとったのだろうと不思議に思っていましたが、ちゃんと旅館の人たちが時間を取ってくださったそうで、気配りがあるなあと思ったりしました。

朝食は、バイキング形式で行われ、かずたなどは、魚が丸ごと焼いてある!!とびっくりしたり、刺身のバイキングがあるとのうわさがあったのですが、刺身は小鉢に入っていたりとか、いろいろありましたが、あれこれとっている間に取りすぎてしまい、かずたなどは無理やり食べました。

以上のような感じの旅行の食事情でした。
これは!という強いインパクトを与えるものはありませんでしたが、かずたの体重計に乗る習慣で体重を計ってみたところ、数日で体重が元に戻ったので、大変ヘルシーなものなのかなぁと少し不思議に思いました。
あれだけ食べて太らないとは、絶妙なメニューもあるものだなぁと思いました。

次回のブログは、写真を交えて実際の旅行の行程について書いてみたいと思います。

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



1st:旅行前日 (10/13)

三丁目昼食会中継 (08/16)

ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2月生まれ。男性。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】