フットサル交流会がありました。


試合前の挨拶

7月30日15:30頃から、茗荷谷にある体育館で、フットサルの交流会がありました。
選手の皆さんはもちろん、応援にも希望者は行きました。

参加チームは銀杏企画のほか、あおば福祉会、えどがわ悠人会、JHC板橋会の3チームが出場していて、体育館からの距離を考えると、銀杏企画が3チームを招待した感じを受けます。

最初、それぞれのチームの総当りが行われ、次にチームの枠を超えた、ごちゃまぜの混合チームを作って、交流戦というものが行われ、これはこれで面白いものでした。(特に女子戦)。

練習試合の結果は、覚えている人が見当たらないし、特に選手の皆さんも重要視していないようで、公表できませんが、勝ったり負けたりしていたようです。

かずたは、夢の島で行われた大会しか見ていないので、キーパーのIさんが点を入れられたのをはじめて見ました。
ダルクほどのチームは来ていなかったようですが、うまい人はいましたし、どこのチームかわかりませんが、キーパーでうまい人がいて、時間ぎりぎりに、キーパーが得点を決めた場面がありました。

銀杏のディフェンス Uさん

かずたは、ついボールのあるところに目が行ってしまいがちですが、今回は、後方で守りを固めているUさんに注目していることもありました。
彼もスポーツマンだけあって、非常に機敏な動きで守っていて、交流戦の時には攻めに転じる場面もあって、かなりすぐれたディフェンスです。
銀杏企画には優れた選手はほかにもいると思いますが(Hさんとか)、今回はUさんに注目してみました。

体育館でボールがバシバシ

かずたは、試合を見ていて壁にもの凄く勢いよくボールが当たるので、みんなパワフルなボールをけっているのだろうかと思っていましたが、体育館でやっていることによる錯覚のような気がしました。
もともとこのくらいのボールの勢いがあって、キーパーをやっているIさんなどは慣れているにしろ、かずたにこれを受けろと言われたら、恐ろしいなぁという感じもしました。

交流戦

みんなが集まっています。

やっている選手の方々には申し訳ありませんが、女子選手だけの交流戦は、かなり爆笑してしまいました。
銀杏企画の職員さんのHさんなどは、なんだかコミカルなのに、いい位置にいたり、意外とうまいし、普通なら笑いを取れないところですが、なぜか笑いを取っていました。
ファーストの所長さんがキーパーをやっていたり、いろいろこの女子選手の交流戦は面白いところ満載でしたが、あまり笑っていても自分にそんなプレイもできないので、この辺にしておきます。


全体的に見て、今回のフットサル交流会はいい企画だったと思います。
しかし、試合数が半端ではない(10試合以上(12試合か?))し、体育館も暑かったので、試合に出た皆様、大変お疲れ様でした。

キャプテンが決勝点を決めました。

それでは、銀杏企画のキャプテンが決勝点のゴールを決めた場面を載せて、今回のブログを終わりにしたいと思います。

2nd:喫茶らんに行ってきました!

エナジーハウスさんの運営している、喫茶らんに行って来ました。

こんにちは、2ndブログ委員のひとり、Hです。
7月28日午後に銀杏企画Ⅱメンバー、職員さん総勢20名で
エナジーハウスさんの運営している、喫茶らんにお邪魔してきました。
今回は、その模様をご紹介したいと思います。

2ndの職員さんで、心優しくキュートなHさんが、
学生時代に喫茶らんでアルバイトをされていたそうで、
今回はHさんに助けて頂きながら、ブログを書きたいと思います。
ぼくと同じHで紛らわしいのですが、ご容赦ください。

喫茶らん、はっきり言ってレベル高いです。
ドリンク、料理、接客にいたるまで申し分のないお店です。

今回、Hが注文したのは、アイスレモンティーなのですが、
本物のレモンの輪切りが入っております。

らん3
※写真はアイスレモンティーです。

昨今の喫茶店は、スジャータのような容器に入った合成レモンを
使う所が多いのですが、喫茶らんでは、本物のレモンを使い、
コーヒーもアイスとホットで使う豆が違うという所からも、
お店のこだわりがうかがえます。

これで、コーヒー、紅茶は一杯150円です。
コーヒーは100円でおかわりできます。
素晴らしいです、喫茶らん。
笑顔で心のこもった接客なども、その辺の喫茶店よりも上です。


それでは、喫茶らんのスタッフのSさんにインタビューを
してありますので、ご紹介させて頂きたいと思います。
インタビューしてみて、Sさんの料理に対するこだわりはもとより、
喫茶らんで働く姿勢の素晴らしさを感じました。

それでは、以下、インタビューです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★H:喫茶らんで働いてみようと思った動機はなんですか?
☆Sさん:軽作業などとは違って、お客様と触れ合って、
    仕事にやりがいを感じられれば良いと思ったためです。

★H:働いてみてどうですか?
☆Sさん:施設内の封入作業などとは違って、
    外部のお客さんと触れ合って、「おいしかった」
    と言ってもらったり、常連さんになってくれた人との
    挨拶などの触れ合いが楽しいです。

★H:印象に残っているお客さんはいらっしゃいますか?
☆Sさん:喫茶らんの常連になってくれて、大好きだった職員さんが、
    仕事を辞めてたまたま通り掛かってくれて、
    お昼も過ぎていてお腹もいっぱいだっただろうに、
    食事をしていってくれたことです。

★H:最後に、喫茶らんの時給はどのくらいなのでしょうか?
☆Sさん:銀杏企画さんの工賃より少し多いかな、というくらいです。(笑)

★H:ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その他、お勧め料理などをうかがいまして、インタビューは終わりです。

Hの感想なのですが、Sさんは、外部の人との触れ合いが、
喫茶らんでの仕事のやりがいにつながっているのかなと感じました。

次は、Sさんにうかがいました喫茶らんの人気メニューです。

人気メニュー

アジア風ひき肉丼 ミニサラダ付き 450円
豚のひき肉に玉ねぎを入れて炒める。ナンプラー、カイエンペッパー、
山椒など、その他、様々な調味料で味付けをします。
企業秘密なので、すべては載せられません。
2ndを支える、今どき女子、美人職員のWさんの話によると、
タイ料理のガパオみたいな感じで、ナンプラーが入っておりますが、
食べやすいそうです。
Hには、そもそもガパオというものが、どういうものか分かりませんが…。

らん2
※メニューの写真を載せておきます。

鶏みそご飯  汁物・漬物付き 450円
鶏のひき肉を生姜で味付けし、あんかけ状にして、ご飯にかけたものです。

一部、 職員さんのお話で、「喫茶らんで食事会をしても良いよね」
などというお話も出ておりましたが、実現するのでしょうか?

以上、いろいろ書きましたが、2nd、20名で行っても、
まだ、店内には余裕がありましたので、結構、広いです。
この日は、職員さん3名、メンバー2名くらいで切り盛りしているようでした。

らん1
※喫茶らんのインテリアの一部です。

千駄木に寄ったら、また、ぜひ寄ってみたいお店です。
喫茶らんの皆さんには、今回、いろいろとお世話になりまして、
ありがとうございました。

長くなりましたが、最後までお読みくださった方、
ありがとうございました。
それではまたの機会に! Hでした。

2nd:ボリショイサーカス!

ブログ委員のSORAと申します。

7月21日、『ボリショイサーカス』に行って参りました!
場所は、バレー大会でお馴染みの国立競技場駅にある東京体育館です。


ボリショイ1
※館内撮影禁止のため、ショーの写真がありませんがご了承下さい。(イラストはSORAの描いたイメージ図です)。

14:00開演になり、初めてサーカスを観る私は、期待でわくわくしていました。



◎プログラム◎

『空中アクロバット』
高い空中ブランコに乗って、華麗なアクロバットを披露します。

『猫のサーカス』
猫ちゃんのサーカス芸です。逆立ちして歩いたり、玉乗りしたりと可愛いらしかったです。

『クライミング・マスト』
棒やロープの上を登ったりして、猿のように敏捷な動きでした。

『ジャグラー』
複数のボールをお手玉のように、自由自在に操っていました。

『くまのサーカス』
くまが、ボール蹴りや縄跳び、ダンスを披露してくれました。

ボリショイ2
(くまのサーカスイメージ図)

『鉄棒』
新体操の鉄棒の競技を見ているようで、迫力ある技を見せてくれます。

ここまでが、前半のプログラムでした。



後半は『空中ブランコ』から始まりました。
SORAの一番観たかったプログラムです!空中でブランコを漕ぎ、遠く離れた相手と手を繋ぎます。

ボリショイ3
(空中ブランコのイメージ図)

『犬のサーカス』
ワンちゃんの二足歩行や輪をくぐるのが観られました。とてもキュートです。

『イリュージョン』
イリュージョンで女性の衣装がいろんなドレスに変わります。

『ジギト』
勢い良く駆け回る馬に乗り、下りたり上ったり、胴体部分を一周したりしていました。馬の上に立つのは、観ているこちらが怖くなるほど圧倒されました。


以上でプログラムは終わりですが、道化師の存在も大きかったです。舞台替えの合間に、道化師が観客を呼び、一緒に楽しい芸を披露してくださいました。ユーモア溢れる彼の存在は、ボリショイサーカスのムードメーカーなような気がします。


愉快なBGMと迫力あるパフォーマンスで、童心に返りあっという間の二時間でした。

7月の夕食会(後編)

【前編へ】


流しそうめん大会

【写真コーナー】

流しそうめん大会1 流しそうめん大会2

流しそうめん大会3 流しそうめん大会4

流しそうめん大会5 流しそうめん大会6

流しそうめん大会7 流しそうめん大会8

準備ができたところで、長い流し台による流しそうめん大会が始まりました。
やり方は、そうめんの後に大目に水を流すような感じでした。

そうめんを流したり、流さなかったりという感じでしたが、かずたは、あまりのにぎやかさに気後れしてしまい、盛ってあるそうめんを少し食べただけでした。
それでも、かき揚げがたくさん残ったので、それを食べたらおなか一杯になりました。

自分の作った冷汁も喜んで食べて頂いて、嬉しかったです。
流しそうめん大会も、写真にあるようにとても楽しそうでした。

そうめん出来上がり!

すいかの登場。

やがて、冷蔵庫で冷やしておいたすいかが出てきました。

流しそうめんだけでも無謀なことをやるなとかずたは思っていたのですが、すいかなんか、汁が机につくとべたべたして始末に負えないのにと思っていましたが、ラップやティッシュを使ったりしてほとんどべたべたの問題は起こりませんでした。
こんな点からも、銀杏企画は大したものだなぁと思いました。

すいかが出てきました。

すいかのアップ。

冷えていて、とてもおいしいすいかでした。

遅れてきたOBさんにも、このように流しそうめんがふるまわれました。
ちゃんとした、ゆでたてのそうめん(OBさんが自分でゆでた)そうめんを流しました。

遅れてきたOBさんにも取ってあります。 流しそうめんの様子。

こんなに盛ってます。

おなじみ、最後はゲーム。

今回も、優勝すれば400円の費用のうち、100円おまけしてもらえるゲームがありました。

今回は、水を使っているということで、水を使ったものでした。
その内容は、

”みんなで輪になって、水に浸してあるふきんを順番に絞っていって1周させ、2周目でふきんを絞って水が出なかった人の前の人が勝ち”

というものでした。

こんな感じです。

ゲームの様子1 ゲームの様子2

ゲームの様子3 ゲームの様子4

ゲームの様子5 ゲームの様子6

この写真にあるように屈強な男性が優勝しそうですが、実際に優勝したのは、時々写真の助っ人をしてくれる女の子のOさんでした。
ただ、ふきんを絞るだけの簡単なゲームですが、深いところで何かあるのかもしれません。

こんな感じの今回の夕食会でしたが、にぎやかで、皆さん楽しめたようでした。

7月の夕食会(前編)

7月24日夕方から夜にかけて、ファーストで夕食会がありました。
この日は、ファーストは仕事が午前中で終わってしまったので、非常にゆとりのある開始でした。
OB、OGの方は、4名くらいいらっしゃっていました。
ファーストの職員さんは大勢参加していて、セカンドの職員さんや、分室の分室長さんも来ていました。
今回は、流しそうめんとすいかということで、にぎやかになる予感がしました。
今回の夕食会について、順を追って話していきたいと思います。

流しそうめんの台を作りました。

かずたは別作業を黙々とやっていたので関わりませんでしたが、Kさんを中心に流しそうめんの台が作成、設置されました。

まずは、このように牛乳パックを切り開いて、養生テープでつないでいったようでした。

開いた牛乳パックをつなげています(内側)。 開いた牛乳パックをつなげています(外側)。

長くつながりました。

このように長くつながるので、途中に補強が必要になるようで、補強するところを途中につけたようでした。

補強して形を作っています(外側)。 補強して形を作っています(内側)。

完成に近づいています。

ほぼつなぎ終ったようで、とても長いものができました。次は、台にそうめんが流れるように斜めに設置します。


台の設置。

流し台がやや斜めに設置されています。 長いです!

段ボールを台にして、流し台が斜めに設置されています。
資材に水などがかかるのは絶対に駄目なので、その点の配慮もされたようでした。
写真には薬味も載っていて、覚えている限りでは、ハム、たまご、オクラ、ネギ、揚げ玉、かき揚げ、しょうがなどがありました。

流し台に使った牛乳パック、20個以上、長さ5mにも及ぶ非常に大きなもので、簡単に見積もっても部屋の半分くらいの長さはある非常に長いものでした。
ちなみに、撤去が非常に大変だと思われるかもしれませんが、パックを一つ一つはがしていったら、あっけないほど簡単に、特に水の事故も起こらず終わりました。


すいかを切りました。


すいかを最近切った人もいないようで、しかも、丸々1個というのはなかなか切ったこともある人もいないようでしたので、ファーストの職員さんのMさんに切るのは任されました。

すいかを切っています。 すいかが半分になりました。

更にすいかを切っています。

すいか(できあがり)。

このようにして、すいかは無事に切り終わりました。職員のMさんと、今回写真を撮ってくれたファーストの強力な助っ人のOさん、すいかを切ってくれてどうもありがとうございました。


”冷汁”を作りました。


材料

かずたは、実はこのために夕食会に出たようなものなのですが、埼玉の一部の田舎に伝わる郷土料理、冷汁(ひやしる)を作りました。
夏になり、食欲がなくなってきた時期にこれをご飯やうどんにかけて食べると、非常に食べやすく、懐かしく思い出されます。
どこかほかの地方のが有名なようですが、実は埼玉にもあることはあります。
夏の昼は野良仕事をするのが危険なので、母や祖母はお昼にこれを食べ、昼寝をして体を休めていたことを思い出します。
では、簡単に作り方を説明したいと思います。

【作り方】
★ きゅうりをスライサーで薄く切ります。
★ すりごまと味噌を混ぜます。
★ 切ったきゅうりを入れて混ぜます。
★ 水を入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やし、食べるときお好みで氷を入れます。

はるか昔の記憶を頼りに作ったので分量が定かではないのですが、皆さんとの味がちょっと薄かったかなとかいう会話も、当時の母や祖母の記憶を思い出させてくれます。
ちなみに、今回はこのようにできて、そのまま食べたり、そうめんを入れて食べたりしました。

冷汁(ひやしる)。

【後編へ続く】

文京ふるさと歴史館に行ってきました。

7月24日(夕食会のあった日)は、とにかく仕事がなくて、作業も午前中でネタ切れになってしまいました。
こういうことが起こることもまたあり得るので、職員さんが近場で散歩がてらレクのようなものができるような所を挙げて、今回は文京ふるさと歴史館という図書館のそばの施設に行くことになりました。

出かける時不幸にも雨が降っていましたが、帰りましょうという時には雨はものすごいひどい状態になっていて、天候に関しては踏んだり蹴ったりでした。

熱心に展示資料を見ている人もいましたが、かずたなどは、石(?)でできた腰かける所に座って休んでいました。
涼むのにいい場所だと言っている人もいましたし、自分もブログを書かないとならないのに、ひたすら石(?)の所で休んでいました。

休むのにも飽きてきたので、少し見て回ろうということで館内をうろうろしましたが、自分的には何となく2階あるうちの2階の方が興味をひかれるものが多かったです。
本郷にある、”かねやす”の昔の様子や、なんだかお茶の間のような所にみんなが座っていたり、メンコがあったり、学のないかずたにも興味がひかれるものがありました。

ただうろうろしただけだった1階にも、土器のパズルのようなものや、映像を映し出すような所があったようです。

結局、かずたはせっかく連れて行ってもらったのに、ほとんどただ休んでいただけだったので、詳しくはこちらへどうぞ!

〈文京ふるさと歴史館〉 http://www.city.bunkyo.lg.jp/rekishikan/

銀杏企画は、普段は作業で忙しい作業所ですが、まれにこういうことが起こるようです。

2nd:7月昼食会

今回ブログを担当させていただくOと申します。
よろしくお願いします

さて今月の七夕、7月7日に昼食会がありました。
昼食会はお昼代が浮くのと調理係りの振る舞った料理が食べられるのが嬉しいですね。
その調理係りに自分が入ってたので若干不安でしたが……。
はりきって作りました!

~メニューの紹介です~

~トマトのチキン煮~
昼食会1

~バターライス~
2.jpg

~コールスロー~
3.jpg

~プリン~
4.jpg


お手頃、そこそこ凝っている、お財布に優しいをコンセプトに作りました。
チキンのトマト煮とバターライスのカロリーをコールスローで抑えています。
ちなみにプリンは市販のものです。





~調理の様子~

~野菜を切っています~
6.jpg


~鶏肉の仕込み~
7.jpg

8.jpg


~味付け~
9.jpg

10.jpg


完成です!!

11.jpg

普段料理なんてあまりやらないのですが、やってみると案外楽しいものですね。


12.jpg

ごちそうさまでした。

1st:作業所の荷物の運搬について

行事はしばらくないと思うので、銀杏企画の日常について書いてみたいと思います。
今回は、おそらくファーストでしか行われていない荷物の運搬法、”バケツリレー”について、ちょっと書かせていただきたいと思います。

バケツリレーの基本

荷物は、作業所の入り口までは、作業所や業者の車で運ばれて来たり、入り口から運び出されたりします。

まずは、運び入れ方から。
車が荷物を持ってやってきます。→→みんなが呼ばれます。→→2階に運ぶ時は車から階段を通って作業室まで、1階に運ぶ時には車から1階の作業室まで1列に並びます。→→荷物を順々に手渡しながら、作業室まで運びます。

これが、ファースト名物の”バケツリレー”と呼ばれる荷物の運搬法です。

運び出すときは、

結束した荷物のところから→→運び入れた時と同じように1列に並び→→車、あるいは1階の空いているところまで荷物を運び
→→空いている所に置いた場合は、積み重ねてもらい、車が来ている場合は、車に運び入れます。

荷物の重さについて

手で送る荷物についても様々です。
片手で持ててしまうようなものから、腰が抜けてしまいそうな超重量級のものまであります。
階段に入って、重い荷物を運ぶ時などには、息は切れることは少ないですが、結構疲れます。
最近は、重めの本が多く、あまりにも重いときは、状況によっては2階ではなく1階で済ませることも多いようです。

嗚呼、懐かしのD書房

最近は、仕事が来ませんが、昔本郷にある古書店の図書目録を封入する仕事がありました。
今から考えるとインパクトはあまりなくなってきた気もしますが、1年に1回か2回仕事が来て、1時間以上バケツリレーをしていたような記憶があります。
当然、部屋中に本があふれかえる状態になり、しかも高く積まれているので、作業の名物行事の一つになっていました。
本が厚いので、封入もしづらかった記憶があり、かずたが銀杏企画で初めてやった仕事もこの仕事でした。

セカンド、サードでのバケツリレーについて

セカンド、サードにはエレベータがあり、ファーストには階段しかないということから考え出されたのがバケツリレーだと思うのですが、ここでネックになっているのは、階段だと思います。
ファーストには、1階から2階に行くのに階段しか手段がないので仕方がないのですが、建物の3階にある分室も、1階に上るのにわずかに階段があるので、短いバケツリレーをしているそうです。
セカンド、サードの資材の搬入、搬出方法は聞いたことがないのでよくわかりませんが、台車でエレベータ、エレベータで上下の移動その他はバケツリレー、階段もあるのでそこをバケツリレー、との3種類くらい考えられますが、おそらく、エレベータは使っているのだと思います。
ファーストのS所長は、バケツリレーという方式を結構誇りに思っているらしく、相当高い階に引っ越さない限り、人力によるバケツリレーは続くと思います。

写真による簡単な解説

銀杏企画の階段 銀杏企画の階段2
人がいない時の銀杏企画の階段はこのようになっています。

荷物を降ろして積んでいます 荷物を降ろして積んでいます2
バケツリレーで荷物を降ろしている場面です。
自転車置き場の空いている所に、荷物を積んでいます。人の肩くらいの高さまで積むことも珍しくありません。
プライバシーの保護(?)のために顔をぼやかしていますが、バケツリレーも、なんとなくにぎやかで楽しげに行われているのが、ファーストらしいところです。

1st:7月の昼食会

7月7日(七夕の日)に昼食会がありました。
今回のメニューは、夏野菜カレー、玉ねぎスライス、白玉アイスでした。
各メニューについて、話していきたいと思います。

夏野菜カレー

まずは、夏野菜カレー。出来上がりは、こんな風になります。

今回のメニュー2

とても彩がいいカレーです。その秘密は、

ズッキーニを炒めています。

茄子を炒めています。

このように、野菜を炒めて上に乗せるやり方を取っています。

夏野菜カレーの材料

カレールーは、

今回使ったカレールー

このようなものを使っていて、野菜は、

夏野菜カレーに使う野菜です。

もちろん、肉も入っていました。

それをこのように混ぜ合わせ、

両手でカレーを混ぜてます。

野菜を乗せて完成です。

たくさん並んだ夏野菜カレー

このように、福神漬けを盛り付けている人もいました。

福神漬けを盛り付けています。

今回も、とてもおいしい夏野菜カレーができました。
やはり、料理班の作る料理はさすがです。

玉ねぎスライス

玉ねぎスライスというのは、ひたすら玉ねぎをスライサーでスライスして、その生の玉ねぎにかつおぶしと、めんつゆをかけただけというシンプルな料理です。
生の玉ねぎというと、辛いというイメージがありますが、食べてみると甘くて、非常に驚きました。
プロの知恵なのかなぁという感じがします。

白玉アイス

今回も、白玉が登場しました。
ですが、何というか、大量の豆腐が混ぜ込んであるということでした。
豆腐の感じは全くしないと、皆さんがびっくりしていました。

盛り付け方は、まず容器の下に白玉、きな粉、黒みつを並べ、

白玉の途中の図

最後には、アイスを盛り付けて完成です。

白玉にアイスを盛り付けています。

このようにして、今回も全メニュー完成しました。

今回のメニュー1

誕生会

7月の誕生日の方は、3人の方が出席していました。
皆さん、ユニークな発言をしていました。

今回も、料理班の皆様、おいしい料理をありがとうございました。
不定期連載、”料理班のレシピ”は今回はお休みにします。
また、来月もおいしい料理期待してます!

7月3日 夕方からのOB会

7月3日 午後5時から、移行分室でOB会がありました。
この会は、移行分室の説明、OBの方のお話、仕事ぶりの紹介、関係機関の来賓の方の挨拶など、移行分室が総力を挙げて企画したと思われるものです。

かずたは、以前何回か移行分室について書いているので、リンクを載せておきます。

<移行分室に関する記事へのリンク>http://hongounomori.blog.fc2.com/blog-category-6.html

ここでは、OBの方が実際前に出てきた時の様子を記すことにします。

質問形式でのOBの方のお話

ここでは、最近就職なされた方を含む、3人の方のお話がありました。
質問形式でしたが、かずたはメモも録音もはばかれる雰囲気だったのでほとんど記憶に残っていませんが、スクリーン(ホワイトボード)にビデオを映し出すというかずたはあまり体験したことがない手法が取られ、わかりやすいものだなぁと感心しました。

中でも度肝を抜かれたのは、あるOBの方のパソコン操作!
ものすごいスピードでキーを打っていました。

更に、この3人は、会社からもよく仕事をやっていると評価されていて、素晴らしい人たちなんだなあとかずたは思いました。

講演形式でのOBの方(Uさん)のお話

バレーでの活躍が印象深いUさん。彼からは、講演形式にお話が変わりました。
一時は、生活保護も考えたというUさん。
彼は、まだ就職の前の段階だとか、銀杏企画と似ている仕事なのでそれほど困難はないなどと謙遜していましたが、上司からどこへ行っても通用すると太鼓判を押されているほどの人物です。
更に人間的にも上司から認められていて、かなり優れた人物だと思わされます。
今働いている所から出ても、ご活躍を期待しています。

精神障害者の就労の歴史を紐解いたOB(Tさん)のお話

かずたは思うのですが、なぜかTさんの話は、頭の中にするすると入ってきたんですよ。
それは、一方は現在働いている職業人、もう一方は作業所勤務の無職の人間という立場の違いはあれど、若いころから就職に関して行ってきたトライアンドエラー、周りの精神障害者に対する環境というものを肌で感じているということに共通性があるからだと思います。
更に、Tさんは、銀杏企画就労移行で就職した最古の人と言うあたりにも歴史を感じます。
しかも、今の会社に就職した時の年齢がかずたの今の年齢ということにも驚かされます。(かずたも決して若くない。)
これだけ長い時間をかけて熟成された就職への道を言うのも、かずたにも否応なしに何か感じさせるものがあります。
職場でも頼られる存在のTさん。今後も仕事に頑張ってください。

来賓の方々

ハローワークや、就労支援センター、OBの上司の方などがいらっしゃっていました。

写真コーナー

OB会の様子  OB会の様子

OB会の様子  OB会の様子

OB会は、こんな様子で進行されていました。

無理に結びつけるわけではないですが、偶然かどうかわかりませんが、バレーやフットサルを銀杏でやっていたOBさんが多いと感じました。
スポーツで何か得られるのかもしれません。

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

5月2日の昼食会 (05/11)

2nd:2017歓送迎会 (05/02)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2/28生まれ。男性。
プログラミング初心者です。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
★音楽活動の原点みたいの?
昔、ジャズベ弾いてました。(^^;
※音が出ます
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】