文京総合福祉センター祭り

2019年11月2日㈯、文京総合福祉センターで「文京総合福祉センター祭り」が行われました。当日は朝からいい天気で秋たけなわの中、祭りは行われました。

2019 11 2 福祉まつり 写真

銀杏企画は「的当て」をやりました。「的当て」とは、絵柄の描かれた的に向かって玉を投げ、的にくっついた数で得点を競うものでした。景品は玉を5個投げて全部くっつくと特賞、4個で1等賞、3個で2等賞、2個か1個で3等賞、0個は参加賞で、それぞれ景品が当たりました。
 売り子のメンバーは朝、9時半に福祉センターに集合し準備をしました。
 当日は銀杏企画以外に、プラレールの展示や焼きそば・カレーの出店、タピオカ屋、アートギャラリー、カフェコンサートなど盛りだくさんで、親子連れの方や障害者の方が沢山来ていました。
 
福祉祭り2

10時に的当てが始まり、売り子が看板を持って呼び込みをしました。早速、小学生の低学年生くらいの子が来て玉を投げると、特賞欲しさに1回だけではなく2回3回投げていました。その他子供さんやおやごさんが次から次へと来て景品目指して挑戦していました。
 昼になるとシフトで売り子が入れ替わりました。午後の人に代わると売り子の面々は食事をとっていました。
 午後3時に「的当て」は終了となりました。

福祉祭り3完成

福祉まつりには多くの店が出店していて、盛況のうちに終わりました。11月3日にも祭りはありましたが、銀杏企画は11月2日のみの参加でした。
 また来年も福祉まつりが開催され盛り上がって欲しいと感じました。     (オバQ)

秋のミニ行事


11月13日(水)に移行分室のミニ行事がありました。秋晴れの中、葛西へ行きました。葛西臨海公園や水族館が存在する中、そちらへは行かずに地下鉄博物館から巡りました。水族館が水曜日は定休日だったためです。博物館では、運転シミュレーターや実物車輛の展示、電車模型の運転と盛り沢山でした。

昼ご飯を駅徒歩30秒の「肉の村山・葛西店」へ。
チョロ松は、テキサスステーキ200g+サムライハンバーグ200gのランチメニューを頂きました。肉の塊が胸につかえて慌ててトイレへ。でも大丈夫でした。みんな満足のランチタイムでした。

午後は西葛西の「行船公園」へ葛西駅前よりタクシーに分乗していきました。この時メンバーのNさんは、葛西で委託訓練があるため職員さん2名とともに離脱しました。江戸川区立のこの公園には、自然動物園と平成庭園があり広大な施設でした。動物園には各種サル(小型)、各種鳥類、大アリクイ、プレーリードッグ、ペンギン、ワラビーなどがいて無料の施設のわりに楽しく観察できました。続いて庭園へ行きましたが、手入れが行き届いている立派な庭園でした。紅葉が始まりかけていて奇麗でした。
帰りは葛西駅まで再度タクシーに乗り、東西線で大手町まで行き解散しました。地下鉄博物館も行船公園も思っていた以上に楽しかったです。


博物館1

博物館5

博物館6

昼食1

動物園1

動物園3

動物園4

動物園9

動物園10

庭園1

2019年10月31日 茶話会(送別会)

2019年10月31日、移行分室の茶話会が行われました。今回は分室メンバーのOさんとHさんの就職が決まり送別会をかねて行われました。
当日はボサノバ調のBGMが流れる中、コーヒーや紅茶の飲み物と1人1つシュークリームが振る舞われました。

茶話会写真6ミニ

まず司会のNさんが開会の挨拶をしてからみんなで乾杯をしました。飲み物とシュークリームを嗜みながら歓談しました。暫くしてから「ビンゴ」をやりました。今回はHさんの好きなものとOさんの好きな都道府県名を当てるというもので、2回ビンゴをして賞品が出ました。
茶話会写真5ミニ


そのあと、「今年中にやりたいこと」を順番に発表しました。全員終わると、OさんHさんから職員に手紙が贈呈されました。
今回2名卒業という事で分室メンバーは残り4名となりました。これから新人メンバーが加わるまで4名でプログラムが行われるので少し忙しいかと思われますが、切磋琢磨して頑張りたいです。

茶話会 写真 ミニ

会が終わり、記念写真を撮りました。今回卒業した2人の活躍と残ったメンバーの健闘に期待したいものです。    (オバQ)

オープン分室

分室おーちゃんです。

  9月11日、12日の2日間オープン分室と称して、本郷の森のB型、その他のB型やデイケアーの方に向けて就労移行分室の見学会を開催しました。移行分室1部屋だと窮屈なので、また多くの人に見学していただきたく2日間の開催でした。また1日目は午前、2日目は午後と開催時間帯も考えてのことでした。
  就労移行分室の就職状況、プログラムの内容の紹介(症状自己管理モジュールと服薬自己管理モジュールは特に項目別に紹介)、個人の体験談、実習報告を発表して、移行分室に来たい方へのプレゼンをやりました。
  現在分室は、7名です。少数精鋭でプログラムや就労に向けて、頑張っております。

  地域の方にも通知しておいたので、本郷の森以外から参加があって、非常にうれしいです。

  最後にアンケートを取ったので、今後の見学会の運営にも役立てられそうです。
  アンケートで、個人の体験談に高評価の意見が多かったのですが、最初B型から一念発起して移行分室すなわち就労希望という大志を持ち、B型で頑張った点やB型から就労移行につながるヒントや今までの半生・個人の考え方や生き方などが参考になったとの感想でした。

  個人の体験談は、企業向け講演会(7月開催:区民センター)で発表した体験談をさらに自分なりにアレンジして強調できる点や就労という目標に一生懸命・真剣に頑張っている姿をわかりやすく、短くまとめ、堂々と発表していたのが印象に残ったみたいです。

  日々のプログラムとスタッフの皆さんやハローワークや就労支援センターの支援を受け、自信とやりがいに満ちたメンバーの姿が高評価でした。

  オープン分室を見学して12月期に移行分室に来たいという方も数名おられて、分室メンバーも期待しております。
人前で恥ずかしがらずに上手に自分の意見を言う練習をSSTや他のプログラムで多く体験して、場数を踏んでメンバーも人前で生き生きと話すことができるようになりつつあります。また人前で発表することを何度も体験して、大きく成長しているとのスタッフの感想でした。

  私は、モジュールの発表や実習報告をして、少なからず人前で発表することができるようになっていると思います。見慣れた顔が多いので親しみがわき、少しの緊張感で発表できました。また、SSTやその他で自分の意見を求められて、皆の前で発表する練習が実っていると思います。取り入れてもいいところがいっぱい分室にはあります。先輩の生活リズムの組み立て方など、すごく参考となるでしょう。皆さんも分室に是非いらしてください。自分にプラスのことを多くやって、人生を有意義に生きましょう。

  人間的に成長できる移行分室にぜひ興味を持っていただいて、将来の夢に向けて、頑張ってまいりましょう。

オープン分室開催風景


  では、また!!!

就職セミナーについて

皆さん、暑い中いかがお過ごしですか? 雨が降るのにまだまだ暑いですね。
銀杏企画のつんどらです。
2019/8/28(水)に就労セミナーがありました。主に銀杏企画内のスタッフ、メンバーに移行分室に来ていただきました。分室9名、外部20名に参加していただきました。ありがとうございました。

IMG_7152(加工済み)

移行メンバー1名が自分の体験談と外部実習に行ってどうだったかを話してくださいました。メンバーさんは発表中、とても堂々とされていました。自分のプラス面だけではなく、周りとの確執なども話されていて、正直でとてもいい人だなと思いました。
B型時代に実行委員をやり始め、責任感を覚えたこと。週5で通えるようになったこと。バイクの免許を取りたい。幸せな家庭を作りたいなど、今後の夢や希望にあふれており、聞いていて心地よかったです。

IMG_7150(加工済み)

 外部実習の振り返りでは10日間の実習について話されており、職場環境や仕事内容、頑張ったことや評価されたことについて語ってくれました。
10日間、無遅刻、無欠席で最後までやり遂げたこと。あいさつ、報連相を心掛けたなどしっかり者な印象を受けました。プライベートでも「大変だけど楽しかった。いい経験になった」と話していたので、私も早く実習をやりたいなと思いました。

IMG_7149(加工済み)

9/11(水)、12(木)にオープン分室という発表会もあり、私たちは準備に取り組んでいます。プレッシャーや役割で大変なこともありますが、私もメンバーさんのようにオープン分室を成功させたいです。みんなで力を合わせて頑張ります!

移行分室茶話会

こんにちは、移行分室の「な」です。残暑厳しい折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、分室では8月5日(月)に茶話会を行いました。この日は、2回ある夏休みの間の出勤日であると同時に、分室の4か月あるクールの初日でした。

まず、午前中に防災クイズをやりました。17問の〇×クイズなのですが、私は11問の正解でした。災害や救助に関して、正しい知識を持つことは重要だと再認識しました。そのあとに、皆で大掃除をしました。

大掃除のあと、茶話会で食べるカナッペ(クラッカーの上にいろいろな食材をのせたもの)で使う材料を買いに行きました。ミドルエイジのメンバー数人が、お昼時にスーパーでお買い物というのも、なかなか絵になります(笑)。

昼食をはさんで、皆でカナッペ作りをしました。クラッカーの上に食材をのせるだけなのですが、私などは力を入れすぎて、クラッカーをバリバリ割ってしまいました。クリームチーズや生クリームをあえた、ツナ、生ハム、みかん、ジャムの4種類のカナッペがなんとかできあがりました。
IMG_2861 mini
↑このレシピで作りました。
IMG_2858mini_2019082912001297d.jpg
↑出来上がったカナッペです。

さて、ジュースも配られて準備も整い、移行分室特有のおごそかななごやかな雰囲気の中、茶話会は始まりました。夏休みの予定や新しいクールの抱負など、皆がそれぞれの想いを語り合いました。カナッペも予想以上に(!)美味しく、私などはバクバクと食べました。皆の談笑が続く中、会は滞りなく終了しました。

今クールは、分室に入る新人さんがひとりもいなかったのですが、本来的には新しく入ったメンバーさんの歓迎のための茶話会です。次クールには、ぜひとも歓迎会をやりたいので、銀杏企画メンバーの皆様、移行分室一同、心より皆様がこの就労に向けての場に来られることを、お待ちしています。

第5回銀杏企画三丁目就労移行講演会

そろそろ梅雨があけて夏本番という季節がやってきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。こんにちは分室のイケメンPrinceです。
7/11(木)に第5回銀杏企画三丁目就労移行講演会がありました。盛況に行われて外部の方が44名、内部の方が13名お越しいただきました。お越しになってくれた方、雨の中足をお運びいただきありがとうございました。受付も分室メンバーが前持って練習をやり、無事にできました。分室メンバーとOGが7人、皆、そろえて発表もできました。

受付




発表の時、メンバーとOGが一人一人、壇上にたちプロジェクターを使ってスクリーンに映し出してパワーポイントで作ったので発表しました。病気の概要や個人の体験談、実習の体験談、銀杏の就職状況等を発表しました。一人一人が練習を重ねたので、本番に強い私たちは無事、なんなくこなしました。

講演中





さすがは移行分室‼皆、困難を乗り越えて分室にきただけはありますね。
そして、メンバーとOGの発表が終わると担当の職員さんがメンバーの頑張っている所や長所を一言言ってくれました。これは双方の信頼関係が結ばれている証拠ですね。
来てくださった人たちも質疑応答でほめてくれました。
後、受付だけでなく、各係を作り、司会係や案内資料作成係、活動して本当に少しでも企業の方に私たちのことをわかってもらおうと思い積み重ねてやってきました。

壇上を眺めて





ちょっと残念だったのは、分室がこんなことをやっていますと模造紙に症状自己管理や服薬や他にも載せましたが皆様忙しいのかあまり見て下さる人がいなかったことです。
もう少しみてくださるとうれしかったです。私たちが一生懸命やってできた講演会が終われたので分室一同ほっとしております。大成功ですね。
そして最後にスーツを着て皆で素敵な写真を撮りました。

最後に記念撮影





疲れましたが終わった後は皆達成感でいっぱいでした。
最後に移行分室では私たちメンバーやスタッフさんたちもいかにどのように就労して自分の働く意義などを見つけるか等、働く意味などのことも一緒に勉強して共に成長しています。今回、講演会も開いたのも趣旨は違いますが活動を通じて私たちは常に100%のパフォーマンスでやっています。そんな銀杏企画三丁目移行分室ですがこれからも皆様どうぞよろしくお願いします。

本郷防災コンクール

移行分室の「な」です。今回は、いくぶん旧聞に属する内容なのですが、2018年11月11日の日曜日、文京区と本郷消防署の主催による「本郷防災コンクール」が、湯島総合体育館にて行われました。地元の町内会ごとの有志15チーム45名が参加したこの大会ですが、本郷五丁目町会からは「バイオレットファイブチーム」と共に、我が銀杏企画から「社会福祉法人本郷の森銀杏企画Tチーム」が参加しました。三人一組のチームは、T職員、H職員、T職員で編成されました。


line_15193242948662 加工済み


このコンクールは、与えられた災害状況の中、決められたミッションをどれだけ正確に速く遂行するかを競い合います。その災害状況とは、地震発生、それによる火災発生、怪我人や急病人の発生です。その状況下、まずは自分の身の安全を確保し、火災現場で消火器による消火活動、怪我人の手当て、急病人のAEDによる救護活動や担架に乗せての搬送と、やるべきことがたくさんあります。それらを慌てずに素早く遂行します。一人ひとりの行動力と三人のチームワークが試されます。

銀杏企画のチームは本番のコンクールに向けて、本郷消防署にて署員の方々の指導の下、1時間以上の猛練習をしました。もう三人ともやる気満々です。本気で優勝を狙いにいくという意気込みが感じられます。

さて、コンクール当日、銀杏の三人の有志は静かに自分たちの出番を待ちつつも、やる気にみなぎっていました、「必ずや、銀杏に優勝トロフィーを!」と。

次々と他チームが試技を終えて、ついに出番が回ってきました。三人の有志は力強くも軽快な足取りで試技のスペースへと進みます。テーブルを挟んで三人は座席につきます。一瞬の静寂が支配する中、鳴り響く地震発生の合図、三人は落ち着いた面持ちで練習の成果を発揮しました。消火活動、怪我人、急病人の処置と、滞りなくやり終えました。

 全てのチームが試技を終え、表彰式に移ります。優勝はなんと!本当に「社会福祉法人本郷の森銀杏企画Tチーム」だったのです。準優勝のチームとは、正確さを競う得点では同点、速さでわずか2秒上回っての優勝でした。文京区長から栄えある賞状、優勝トロフィー、そして副賞の米20㎏が贈られました。


line_15191828425330.jpg


 今回、優勝したことで、地域における「銀杏企画」の認知度は上がり、きちんと活動をしている法人であるということを知ってもらう、とても良いきっかけになりました。これからも、地域に根差した福祉法人としての活躍が大いに期待されるところです。

 最後に、大会を運営してくださったスタッフの皆様、お忙しい中ご指導してくださった消防署の皆様、本当にありがとうございました。また、チームを優勝に導いてくれた三名の職員さん、お疲れ様でした。

移行分室行事(国立科学博物館&伊豆栄)

分室おーちゃんです。

今日は、行事で上野国立科学博物館常設展とウナギの伊豆栄に行ってきました。朝9:30に分室集合して、上野公園行きの都バスに乗り、終点まで。終点上野公園で下車して、徒歩で国立科学博物館に行きました。博物館では、常設展を見ました。夏休みで特別展は混んでいて、比較的空いている常設展を見ることにしました。

常設展では、地球館の展示で、約90分間見学しました。

私とKさんとで回りました。2Fの技術展と1Fの動物展を中心に見ました。

2Fに先に行き技術展、人類が作ってきたものの展示を見ました。昔のものは大きくて、どっしりした感があります。現在は、LSIなどの技術によりコンパクトで軽量化されております。また必要電気量も随分軽減されております。「世の中進んだなあ!」っていう感があります。これからもドンドン加速的に進んで、人工知能や学習という機能を持つ機械が主流を占めていくでしょう。

1Fの動物展では、もう絶滅してしまった動物や稀有な動物などの展示をしておりました。入ってすぐの恐竜の骨格の展示は、圧巻でした。

1_20190729104846fc4.jpg

見学終了30分前におミヤゲショップに行って、色々見ました。

12:00まで見学してから、伊豆栄本店(6F)に行きました。12:30から予約してありましたので、席について、ウナギの登場を待ちました。

竹のコースを予約してありましたので、よかったです。伊豆栄は、松竹梅が逆で梅が最上クラスです。竹コースでも4320円と結構なお値段がします。200円弱で大盛りとできるので5名ほどが大盛りにしました。

全員に配膳が済んでから、食べ始めました。
おいしかったです。しつこくもなく、アッサリとしすぎでもなく、身が柔らかく、香ばしいです。

2_201907291048473b1.jpg

食べた後は、6Fからの眺めを堪能しました。
今日は曇りでしたが、不忍池の緑がきれいでした。一面緑のハスの葉の色が雨に濡れてきれいでした。

3_20190729104849b35.jpg

食べ終わってしばらくしてから、伊豆栄を出て徒歩で帰りました。私とTさんは、行きのバスの逆方向に乗って本郷三丁目まで帰りました。






消火訓練とAED講習

 2019年7月18日㈭、文京区の本郷消防署で火災時の消火訓練と救命活動の為のAED講習が行われました。銀杏企画Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・分室のメンバーと職員が本郷消防署に集まりました。

まず、一階で消火訓練が行われました。火事が起き、まず最初に何をしたらよいか?まずは「火事だ!」と大声で叫ぶのが良いそうです。皆、実際に「火事だ!」と叫ぶ練習をしていました。

次に消火器の使用方法について説明がありました。まず、消火器を火元5mくらいに近づき、黄色いピンを抜く。ホースを火の根元に向けレバーを握る。10秒くらい放射しました。

皆、真剣に説明を聞き、実際に消火活動を実践しました。もし火事に遭遇したら、消火して火事を消して欲しいものです。

次いで3階で「AED講習」が行われました。皆ロールプレイで練習しました。発見者は周囲を確認し安全を確認してから声をかけて、119番通報とAEDを持って来るよう指示出しをしていました。


消火訓練とAED講習

更に、呼吸を確認して、胸骨圧迫を行い、AEDの電源を入れてパッドを胸に当てました。その後、AEDから離れて音声メッセージの指示に従い、全員やったところで、消防士さんから説明があり講習を終えました。

この講習を終えて思ったのは、最初から救急措置を他人事と思わず、自分も救護する一環の一人だという事をわきまえたいものです。救急時の消火・救命は大事なので是非非常時には行いたいものですね。(オバQ)

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



秋の大洗旅行:令和元年 (11/29)

文京総合福祉センター祭り (11/22)

秋のミニ行事 (11/21)

2019年10月31日 茶話会(送別会) (11/20)

銀杏企画1st2019年一泊旅行二日目 (11/14)

銀杏企画1st2019年一泊旅行一日目その②宴会 (11/13)

銀杏企画1st2019年1泊旅行1日目 (11/11)

銀杏企画1st2019年1泊旅行準備 (11/08)

1st:昼食会 (10/25)

本郷百貨店祭り2019 (10/21)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。