7月3日 夕方からのOB会

7月3日 午後5時から、移行分室でOB会がありました。
この会は、移行分室の説明、OBの方のお話、仕事ぶりの紹介、関係機関の来賓の方の挨拶など、移行分室が総力を挙げて企画したと思われるものです。

かずたは、以前何回か移行分室について書いているので、リンクを載せておきます。

<移行分室に関する記事へのリンク>http://hongounomori.blog.fc2.com/blog-category-6.html

ここでは、OBの方が実際前に出てきた時の様子を記すことにします。

質問形式でのOBの方のお話

ここでは、最近就職なされた方を含む、3人の方のお話がありました。
質問形式でしたが、かずたはメモも録音もはばかれる雰囲気だったのでほとんど記憶に残っていませんが、スクリーン(ホワイトボード)にビデオを映し出すというかずたはあまり体験したことがない手法が取られ、わかりやすいものだなぁと感心しました。

中でも度肝を抜かれたのは、あるOBの方のパソコン操作!
ものすごいスピードでキーを打っていました。

更に、この3人は、会社からもよく仕事をやっていると評価されていて、素晴らしい人たちなんだなあとかずたは思いました。

講演形式でのOBの方(Uさん)のお話

バレーでの活躍が印象深いUさん。彼からは、講演形式にお話が変わりました。
一時は、生活保護も考えたというUさん。
彼は、まだ就職の前の段階だとか、銀杏企画と似ている仕事なのでそれほど困難はないなどと謙遜していましたが、上司からどこへ行っても通用すると太鼓判を押されているほどの人物です。
更に人間的にも上司から認められていて、かなり優れた人物だと思わされます。
今働いている所から出ても、ご活躍を期待しています。

精神障害者の就労の歴史を紐解いたOB(Tさん)のお話

かずたは思うのですが、なぜかTさんの話は、頭の中にするすると入ってきたんですよ。
それは、一方は現在働いている職業人、もう一方は作業所勤務の無職の人間という立場の違いはあれど、若いころから就職に関して行ってきたトライアンドエラー、周りの精神障害者に対する環境というものを肌で感じているということに共通性があるからだと思います。
更に、Tさんは、銀杏企画就労移行で就職した最古の人と言うあたりにも歴史を感じます。
しかも、今の会社に就職した時の年齢がかずたの今の年齢ということにも驚かされます。(かずたも決して若くない。)
これだけ長い時間をかけて熟成された就職への道を言うのも、かずたにも否応なしに何か感じさせるものがあります。
職場でも頼られる存在のTさん。今後も仕事に頑張ってください。

来賓の方々

ハローワークや、就労支援センター、OBの上司の方などがいらっしゃっていました。

写真コーナー

OB会の様子  OB会の様子

OB会の様子  OB会の様子

OB会は、こんな様子で進行されていました。

無理に結びつけるわけではないですが、偶然かどうかわかりませんが、バレーやフットサルを銀杏でやっていたOBさんが多いと感じました。
スポーツで何か得られるのかもしれません。

移行分室見学会に行ってみました!

先日5日、移行分室での大規模なイベント、見学会に参加してみました。
グループワークの一環として行われたもののようで、少し前に分室に訪れた時よりも、メンバーさんがかなり立派になっているという印象を受けました。
来場者数も、ほぼ椅子がいっぱいになるくらいになっていました。
進行も、全て分室のメンバーさんが行っていました。

ようこそ就労移行へ!


資料が配布されまして、自分は少し前なので完全には覚えていないこともあり、プログラム紹介と書かれた書面を頼りに話を進めたいと思います。

 就労セミナー

就労セミナー:ビジネスマナー・就職活動のためのプログラム
前期・・・社会人として恥ずかしくないようにビジネスマナーを習得しましょう!
後期・・・面接の実践練習を行います。役立つ情報やポイントを習得しましょう。

第1回

 自分が目指す生活や働き方について考えてみよう!

第2回

 社会人としての心構え①

第3回

 社会人としての心構え②

第4回

 敬語の使い方

第5回

 電話① 内部・外部の電話の取り次ぎ方

第6回

 電話② 実際に電話の取次ぎをやってみよう!

第7回

 電話③ メモの取り方・電話のかけ方

第8回

 電話④ 電話の対応で困ったとき、どうする!?

第9回

 お客さんが来た時の対応の仕方(お茶の淹れ方・出し方)

第10回

 履歴書の書き方

第11回

 履歴書を書いてみよう!

第12回

 職務経歴書(自己PR書)の書き方

第13回

 職務経歴書(自己PR書)を書いてみよう!

第14回

 ハローワークの人に書類を見てもらおう!

第15回

 面接練習① 上手な面接の受け方、スーツを着てみよう!

第16回

 男性:身だしなみ講座 女性メイクアップ教室

第17回

 就職で使える社会資源について

第18回

 面接練習②(想定質問集について)

第19回

 面接練習③(想定質問集の答え方を考えよう)

第20回

 面接練習④(入退室、求人票の味方)

第21回

 模擬面接①【面接官:理事長】

第22回

 模擬面接②【面接官:各所所長】

第23回

 模擬面接③【面接官:ハローワークの職員さん2~3名】

第24回

 ~これからの就活に向けて~

見学

  ハローワーク、企業①、②、③

というスケジュールで行われるようです。
現在、火、木の週2回行われているようです。
かなり濃い内容ですが、話によると、お茶を淹れる練習をした後、お茶会を開いたりして、楽しみの要素も入っているようです。

 SST

週一回、自分の考えや気持ちを上手に表現できるようになるように、皆でロールプレイをしながら学びます。具体的な課題としては、挨拶の仕方、上手な断り方などです。

 パソコン教室

週二回、基本的なPC操作や、ワード・エクセルの使い方を教わっています。

 作業

週一回、実際の職場を意識して責任を持って、自主的に取り組むことを目的として、封入・発送作業等を行っています。

なお、かずたは聞いてて、アレと思ったのですが、分室ではタックシールの印刷までメンバーさんがやっているようです。

 グループワーク

この見学会も、グループワークの一環だそうです。

 振り返り

月2回、目標を立て達成できたかどうか話し合っています。




また、「入浴、歯みがき、洗顔・化粧・ひげ、爪、清潔な服装」を毎日チェックしていて、プログラム前後の気分と体調、一日の振り返りで努力した点等の記入、週単位でも、目標、目標に対してどうだったか、努力した点等を記入しているようです。






 写真コーナー

Aさん Yさん

Eさん Mさん

このような感じで、メンバーさんが進行なされていました。




全体的な感想として、同じことになるかもしれませんが、プログラムが非常に濃い印象を与えるのと、生活面でのちょっとしたことにまで気を配っているという感じがしました。

確かに、何かを成すには小さなことの積み重ねかもしれません。
それを、就職に当てはめているのだと思います。

移行分室訪問 その4

【その1】  【その2】  【その3】

Q.今後の分室の予定は?



分室長今まで、1年に2回の募集だったんですけど、もうちょっと増やして1年に3回募集する予定があります。時期は、まだはっきりとはしていないのですが・・・

―――かずたそうすると、学校の1学期、2学期、3学期というような感じなんでしょうか?

分室長今まで2回だったのを3回にして、就職を希望する方が、移行プログラムを使いやすくなるような流れでやっていけるといいなと思ってますね。

Q.就職を目指すメンバーさんたちへの

メッセージをお願いします。



分室長本当に障害者就労というのはここ数年ですごく世の中の流れからみても変わっていて、以前は、56人以上いる企業は障害者を雇わなければならない決まりがあって、雇った障害者としてカウントされるのが、身体、知的障害の方々だけだったので、精神障害の方を雇ってもその人数に反映されず、だったらカウントされる人を採るよということになってしまっていたんですよ。
そこがカウントされるようになったので、今はそのあたりで精神障害をお持ちの方の就職先も広がったかなと感じています。
で、実際にお仕事をされた先輩たちも、もちろんそれぞれの事情があって途中でお辞めになった方もいらっしゃいますけど、支援機関とか、私たち銀杏企画の職員だけでなく、支援センターとか、ハローワークとか、色々な関係機関の支援も充実しているので、色々な方と連携してお仕事を頑張っていらっしゃる方が多いと思います。
なので、社会復帰を目指す方も、決して一人ではなく、仲間もいるし、私たちもいるし、色々な支援機関さんとか、色々応援団がいるので、一緒に頑張れたらいいかなと思います。


―――かずた短い時間でしたが、お話を聞かせていただき、ありがとうございました!


【おまけコーナー】


インタビュー後、軽い雑談風になったので、参考に載せておきます。

自分がふと上を見ると、天井と平行に回る扇風機のようなものがあったんですよ。
天井で回る羽根のようなもの

そのことについて聞いたところ、空気を撹拌して、空調の効きを良くするもののようで、かずたは無知さを披露してしまいました。

また、きれいにリフォームされた何もない部屋から、家具を運び入れたり、ロッカーに張るテプラを作ったり、色々な掲示物、特に、ドアに貼ってある案内の紙が自慢のようで、PC教室で作ったということでした。
こうして、少しずつ移行分室という空間を、みんなで作り上げていこうということのようでした。

また、意外に思ったのは、7人程度しかいないのに、3人で2週交代制の週番があったり、お茶代係さんがいたり、しかも各所みなやり方が違うので、話し合ったそうです。
1日の予定




以上、分室にインタビューに訪れたことを書いてみました。
こんな長文を書いたのも久しぶりです。ここまで読んでくれる人はいるのでしょうか?


読んでくれたアナタ偉いです( ^^) _旦~~。

最後まで付き合ってくださってありがとうございました(*^_^*)。



それでは、移行分室の皆さん、就職目指して頑張ってください!!!


移行分室訪問 その3

【その1】  【その2】  【その4】

移行スケジュール


Q.プログラムの内容はどんなものですか?



分室長まず、1つ目が就労セミナーと言って、これは前からやっているプログラムで、ちょうど今やっているんですけど、就職するまでだけでなく、就職した後でも身につけていた方がいいビジネスマナーとか、さっきおっしゃっていた面接練習とか・・・

―――かずた何でしたっけ?洋服の種類とか、メイクの仕方とかを話題になさっていた方が以前いらっしゃいましたが、そういうのも入るんですか?

分室長そうですね。まさにその通りで、身だしなみを整えましょうとか・・・

―――かずたでは、ちょっとこの自分の恰好じゃおかしいですよね?

分室長ひげを剃りましょうとかあったかもしれないですね(笑)。

分室長こういうセミナーが週に2コマあるのと、パソコン講習の時間というのもあります。
外部から先生に来ていただいて、ワード、エクセルの基本的な操作ができるようになるためのプログラム・・・


パソコンテキスト


―――かずた(←パソコンの話題で熱くなるかずた)自分の場合なんですけど、作業所で、一人で相談室に引きこもって、カタカタカタカタやっていたら、すごいスキルが伸びたというのがあるんですけど、あまりお勧めはできないですね。例えば、パソコンがカナ入力になっていたのをローマ字入力に直してほしいと頼まれたんですけど、わかりませんでした。
ですから、そういう簡単な所の漏れのようなものが先生について教わるとなくなっていいんじゃないですか。
小難しいことを追及している自分のようなものよりも、基本から先生について教わった方が、極端な知識の偏りがなくなっていいような気がします。

他には何かありますか?


分室長あとは、SSTというのがあって、今までやっていたプログラムなんですけど、対人コミュニケーションの練習をするというのを引き続き週1回やってます。

SSTのすすめ方


―――かずたSSTというのも色々あると思うのですが、ふつうの日常生活で起こることのSSTと、会社で起こることを想定したSSTとかあると思うんですけど、やっぱり半々くらいで入っているんですかね?

分室長そうですね。その場に応じて、基本的にはその人の練習したい箇所なんですけど・・・
先週から始まって、昨日2回目だったんですね。
で、一番基本の挨拶の練習をしました。
職場に入って挨拶をどうやってやるかという所から始めているところです。


―――かずたSSTと就労セミナーというのが2つの柱という感じなんですかね?


分室長あとパソコンですね。

―――かずた3つですか?

【グループワークについて】


分室長あと、作業の時間があったりとか、グループワークの時間があったりとか・・・

グループワークもまだ本格的に始まっていないんですけど、年に何回かイベントを企画していて、直近だと7月の頭にOB会を予定してます。
去年も6月の末にやったんですけど、今まで就労移行を使って一般就労された移行OBさんたちに何人か来ていただいて、どんな風な流れで就職にこぎつけたか、今どんな仕事をしていて、どんなふうに今まで続けてこられたかという先輩のお話を聞く会みたいなことを、これからみんなで、どんなふうに準備していこうかというのを考えるところから、・・・


―――かずたええっと、それは、OB会の話を聞くっていうのも目的で、会のプロデュース・・・??

分室長まさにその通りで、招待状をどうしようとか、飾り付けをどうしようとか、司会は誰にしようとか、まさにプロデュースから当日までをみんなでやる・・・

―――かずたそういう企画をやって、しかもOBの方から話を聞いて参考にするということですか?

分室長まさにそうです。直近でやるのはOB会なんですが、そういう何らかの外との繋がりが持てるようなイベントを、年に3回~4回、一応3回なんですけど、それにかかわる準備をグループワークというか、係活動みたいな位置づけでやっていこうと思います。
まだ、それは準備も全く始まっていないので、どんな感じになるのか私も全くわからないんですけどね。


ここで、クイズです。

移行分室の職員さん

この2人の女性のうち、一人は今まで出てきた分室長さんです。さてどちらでしょう?
解答は、皆さんのご想像にお任せします!

【またまた次回へ続く】


移行分室訪問 その2

【その1】  【その3】  【その4】

Q. 分室が立ち上がった経緯について教えてください。


分室長平成19年10月から、サードで就労移行事業というのは始まっていたんですけど、最初は週1回のパソコン教室しかありませんでした。

で、やっぱり就職を目指す方々も増えてきましたし、世の中の流れ的に精神障害をお持ちの方も就職しやすいように色々制度が変わったりしてきましたので、少しずつ就労移行プログラムを充実させてきたこの5、6年という状況なんですね。

で、サードの同じ一室でやっていると、なかなかB型の作業と、移行のセミナーとで、お互いの声が聞こえて集中が難しかったりとか、作業が忙しい時は、移行プログラムができないので今日お休みしますとか、内職の都合によって移行プログラムが変動したりとかもあったりしたので、やっぱりちゃんと、空間的、時間的に、作業は作業、プログラムはプログラムと分けたほうがお互い効率もいいし、やりやすいんじゃないかなということで、完全に分ける感じになりました。

―――かずたでは、今はもう内職作業はやってないんですか?

分室長えーと、週に1回~2週に1回だけ作業の時間があって、

―――かずた作業があって、朝から晩まで作業の日というのがあるんですか?

分室長朝から晩までというのは、今のところないですね。午前中だけとか。
今後もしかしたらもう少し増えるかもしれないんですけど、今の時点では、月に2コマとか3コマとかで、それも進み具合によって変わってくるんですけど。


Q. 今のところ、分室の雰囲気はどんなものですか?


―――かずた雰囲気というのは、今拝見しましたが、なんとなくそんなに悪くもないですね。

分室長人数も少ないので、落ち着いたアットホームな雰囲気なのかなぁと思いますね。

―――Kさん今何人くらいなんでしたっけ?

分室長全部で8名なんですけど、ほとんど外に出ていらっしゃる方が1名いるので、実質7名ですね。
今日は、その中から1名区役所のバイトに行っている方がいらっしゃるので、今日は6名ですけど、大体7名ですね。


Q. 就労移行ということで、他の3所と異なる所は?


―――かずた作業があまりないということと、あと、就労に向けたプログラムって言うんですか?例えば、面接の練習とか。自分は面接の練習しか思い浮かばないんですけど。異なる点があるということで混じらないように分けたということですから、違うんでしょうね?答えていただいた事以外でも?

分室長よりその人の希望に合わせた就職ができるように、就職準備に集中できるような環境を作っているということですかね。

【再度、次回へ続く】

移行分室に行ってみました!

【その2】  【その3】  【その4】

一応、アポを取って移行分室を訪れた、かずたと職員のKさん。かずたは少し緊張気味でしたが、入ってみると懐かしい面々が!一応、分室長さんにインタビューをする目的でしたが、少し早かったのでメンバーの皆さんにも何か聞いてみようということになりました。

では、はじまります!




Q. 移行分室に移って2週間ほど経ちますが、

近況や感想などをお聞かせください。



Aさん:少数精鋭でいいですよ!
Bさん:メリハリのある、リズムのある生活を送らせてもらっています。
Cさん:環境が変わったことにより、生活リズムが少し変わりました。
Dさん:体調が整って、学生時代のようになりました。
Eさん:分室へ来て、慣れないのですが、皆さんと週5ですけど、いろんなプログラムをやってます。
Fさん:ファーストの作業をしていた時とは違い、学びに来ている感じなので、自分のスキルを高める場だと思って、楽しく学んでいます。



今日いらっしゃらなかった方々は、もとセカンドの方が就労の準備で外に出ていて、もとサードの方が区役所のバイトに行っていたそうです。

追記:Aさんに、

★ 就労移行というのは、就職活動をしているのだと思います。
というお言葉も頂きました。

皆さんが、靴の話などをしてお昼休みにくつろいでいらっしゃる所に突然お邪魔して申し訳ありませんでした。

続いて、移行分室長のK分室長さんにお話しを伺いました。(敬称略)
まずは、たわいのない話から始まりました。


所長と言うのか、室長と言うのかどちらが正しいのでしょうか?
かずた

一応、肩書きは分室長となっているらしいです。
分室長


室長と言うんでしょうかね?
かずた


分室長となっていましたね。
分室長


そうすると、所長と言うより、室長と言うんでしょうね。
自分は、室長という言葉に違和感はないんですけど、中には、あまり聞かないっていう人もいるんじゃないでしょうか?
かずた


サードの所長はM所長で、その下で枝分かれしているイメージなので、所長ではないですね。
分室長



とまあ、コントをやっているかのような会話から始まりました。では、本題に入ります。

【次回へ続く】



プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

5月2日の昼食会 (05/11)

2nd:2017歓送迎会 (05/02)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2/28生まれ。男性。
プログラミング初心者です。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
★音楽活動の原点みたいの?
昔、ジャズベ弾いてました。(^^;
※音が出ます
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】