12月3日第22期生オリエンテーション

静電気が気になる冬になってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。分室のQUEENです(^-^)/。

12月3日に第22期生オリエンテーションを行いました。KさんとNさんの2人が入所しました。
オリエンテーションでは歓迎の言葉、自己紹介、移行の流れ、1日の流れと週番の仕事・分室のルール、プログラム紹介を行いました。2回の準備をして臨んだので当日は順調に進行しました。H君の心のこもった歓迎の言葉が心に残りました。

2オリエン

終って朝礼をし、避難訓練を致しました。避難訓練では分室のどこに災害備蓄品があるのかみんなで点検を致しました。それから災害に備えて何を準備すべきかを皆で話し合いました。 薬の予備が大切と再認識しました。

オリエン1

午後はKさんとNさんは事務手続きをした後2人を交えて茶話会が催されました。歓談してからゲームをしました。絵しりとりと言葉カードというゲームをしました。絵しりとりでは2チームに分かれてやりました。絵でしりとりをしました。次に言葉カードをしました。カードに一言書かれてありこれを全員に配り、もらったカードに対し一人一言コメントコメントしました。全員大盛り上がりでした。今日は楽しい一日でした。これから就労一緒にがんばっていきましょう。

移行分室 本郷の森便り

季節が秋から冬に移り変わり、寒くなって参りましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。移行分室のSORAです。

11月の上旬に本郷の森便りを発行することができました。
まず初めに、今回アンケート調査や作品作成にご協力下さりありがとうございました。
各所やグループホームの皆様の生の声が聞けたこと、たくさんの素敵な作品に触れることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。

本郷の森便りを作成するにあたって、執筆依頼チーム、アンケート調査チーム、作品チームに分かれて分室で編集を手掛けました。

本郷の森便りブログ写真編集済み


【本郷の森便りの新しい試み】
新しい試みとしていくつかご紹介させていただきます。

①上半期・下半期のカレンダーを入れ、各所やホームの行事の日程や内容が分かるようになっています。
②銀杏企画アンケート大調査を実施いたしました。皆様のご意見、ご感想が盛り込まれています。
③各所でイラストや小説、詩、短歌などを募集し、華やかな本郷の森便りになりました。

私個人の感想ですが、9月に分室メンバーで、ファースト・セカンド・サード・第2ホームに各依頼に出向いたことが今でも印象に残っています。
“みんなで作る本郷の森便り”がテーマだったので、一体感あるその日のことがとても印象的でした。

今回の本郷の森便りで、銀杏企画の皆様がとても表現力豊かで、あたたかい場所で楽しく一生懸命に過ごされているかが分かるような気がします。

まだお読みになっていない方は、ぜひこの機会にお読み頂けたらありがたいです。

インフルエンザや風邪などに気をつけて、平成最後の素敵な冬をお過ごしください

移行分室 待ちに待った行事

皆さん、こんにちは。移行分室のイケメンプリンスです。
11月16日(金)に移行分室でお天気にも恵まれ、行事で有明とお台場に行きました。

最初に行ったのは有明のそなエリアです。
IMG_2110編集済み

タブレットを渡され地震の災害にあったエレベーターから街に移動し、その街で指定された場所にいき問題がタブレットから5問出て72時間以内にあなたは生き残れるか?を判断することができます。皆、意外に難しいと言っていましたが僕は全問正解しました。
嬉しかったです。最後は街にある物が災害時に災害用の物に変わるというのも習いました。
例えばベンチがご飯をたくかまどに変わるそうです。これはビックリしました。
そなエリアに行って地震などの災害があった時は食料や飲み物は日頃から準備した方がいいと思いました。

次は一番楽しみにしていたバイキング。
東京ベイ有明ワシントンホテルに行きました。
IMG_2113編集済み

一人2000円の予算のバイキングだったのでどうなるか心配だったのですがいっぱい種類があり、美味しかったので行った皆さんも話が途切れず和気あいあいとした楽しい時間を過ごせました。特に僕は朝ごはんを抜いてきたのでいっぱい食べてしまってお腹をこわしてしまいました。僕は幸せ者ですね。特に一番美味しかっかったのはアイスです。
また移行分室の皆で行きたいです。次回はバイキングだからと言っていっぱい食べるのではなく加減を考えて食べたいと思います。

有明から移動しお台場のトリックアート迷宮館に行きました。
IMG_2140ぼかし済み

トリックアート迷宮館では写真を撮ると書いてある絵がだまし絵になり、面白い画像が撮れます。これは大ヒット。皆、子供にかえったみたく無邪気になって笑顔がとまりませんでした。

その後はお土産を買う人と帰る人で解散になりました。
皆、普段は就職にむけて移行分室で頑張っていますが久々の息抜きだったので無事に終われてよかったです。今回の行事は大成功でした。
僕が何より一番、嬉しかったことは皆の笑顔が見れたこと。
行事は楽しいに越したことはないと思います。
これから移行分室に行きたいけど固いイメージを持っている方、仕事だけのイメージしかない方もいると思いますが行事もありますし、メンバーも職員さんも優しいし、笑顔が絶えないアットホームなところですよ。ぜひお待ちしております。

移行分室 就職セミナー

就職セミナー~Oさんの経験談~2018.11.15(木)AM

ブログは若葉マークのF・Wです。今日は、勤続年数が最も長いOさんの貴重な体験談を伺ったことを書きたいと思います。

朝の空気の冷たさが冬の訪れを感じさせるそんな日。

来期の入所に決まったお二人(Kさん【ファースト】とNさん【セカンド】)と共に経験談をお聞きしました。
2016年にも1度、お話ししていただいたのですが、今回は職員のIさんと会話形式で行い、内容がより濃い気がしました。

お仕事について。

現在、8年目という長い職歴を持っていることに移行分室のみんなはビックリ!!(*_*)
さらにお話を伺ってみると、移行分室から就職までの期間も8か月というスピードにさらにビックリ!?8(末広がり)でめでたい!と思ったのは私だけでしょうか?

お話は、会話形式でどんどん進みました。

就労をめざしたきっかけは、①収入のため、②銀杏企画で培った力を社会で試したかった、③ゆとりある生活をするためだそうです。フン、フンなるほど。みんなも同じかしら?

就労するために必要だと思ったこと・心がけたことは、①会社での上司への丁寧な言葉遣い②清潔な身だしなみだそうです。Oさんは普段から丁寧な言葉遣いをしていました。

仕事をする上で心がけていることは、①時間内で仕事をする。(次の日に持ち越さないようにしているそうです。)②自分の主張や意見など明確にする。(モヤモヤしていると不機嫌さが出る。気持ちよく働きたいですよね!)③一緒に働く方の体調や健康など注意する。(お互いに助け合って、協調しあってやっている。)

まだまだ上げたらきりがないですが、お仕事、順調に進んでいるようで、勤務時間を延ばしたいなんてこともおっしゃっておりました。頼もしい限りです。
それから、ご自分のことを話すことで、私たち移行分室のみんなにエールを送って下さっているのを、ずっと感じていました。「頑張って就職するんだよ!」って。アドバイスがいっぱい散りばめられた体験談でした。

Oさん、本当に有難うございました。お仕事頑張ってください。

移行分室:Yさん感謝会

こんにちわ!
分室のY.O.です。
今回9月30日付で銀杏企画を退職されましたYさんの感謝会を28日に開催しましたので報告します。感謝会は、Yさんが分室以外で勤務されているときに準備し、サプライズ的に招待状を送り、出席していただきました。会では、
「サンドイッチを一緒に作って食べよう!」
「歓談」
「ゲーム」(ビンゴ大会、大きな波)
「デザートタイム」
「感謝状贈呈」
「色紙贈呈」
「花束贈呈」
「一人一言」
「記念撮影(集合写真)」
を主な項目として、Sさん作成の安室奈美恵のBGMの中、楽しく和気あいあいとして仲間意識の高い分室の雰囲気で会が進められました。

感謝会オープニング


◇「サンドイッチを一緒に作って食べよう!」

ツナサンド、卵サンド、ハム・レタス・チーズサンドを作ってそれぞれ一つずつ皿に取り、食べました。作った人からそれぞれコメントをいただき、作り方やどういう想いを込めて作ったかを述べていただきました。ツナや卵は、コショウを利かせパンチのある味にできております。

感謝会、みんなで作ったサンドイッチ



◇「ゲーム」
2つのゲームを行いました。一つ目は、ビンゴで「Yビンゴ」という4x4のマスにYさんに関連する項目を記入して、Yさんが思う順番に項目を挙げていただき、消していって一列揃ったらビンゴです。ビンゴの際には、「Yビンゴ」と言っていただき、勝敗を決めました。2つ目は、「大きな波」というゲームです。全員起立して、題に際して自分の思う項目を紙に記入して、立っている全員の数の多いものが着席します。最後まで立っている人が敗者です。敗者には、罰ゲームと称して歌を歌っていただきました。


◇「デザートタイム」

前もって予約しておいたケーキを当日取りに行って、用意し、冷蔵庫で保管。デザートタイムで全員に配ります。ケーキは、イチゴシャンテ・エクレア・Wシュークリームの3種類で、ジャンケンの勝者の順に選んでいただいて、席に着きました。自分のカップを用意して、紅茶を入れ、ケーキの準備した人にコメントをいただきました。


Yさんへ、特注ケーキ

◇「感謝状贈呈」
半年間分室に勤務していただいたYさんにメンバー・スタッフ一同の思いをつづった感謝状を一枚作成してラミネート加工して手渡しました。



◇「色紙贈呈」
前もって全員分用意したメッセージカードを見開きの色紙に貼り、表紙は、Sさんに書いていただいた似顔絵でした。SさんからYさんに全員の感謝の言葉を代表していっていただき手渡しました。



◇「花束贈呈」
予約し当日取りに行った花束。ピンクの花が基調でアレンジしてあります。用意した者から代表で手渡ししました。


◇「一人一言」
全員から一人一言Yさんへのメッセージが送られ、最後にYさんから一言いただきました。また全員にYさんからお守りとメッセージカードをいただきました。男性には、緑色、女性には、朱色のお守りで中にYさんの一言が書いてある折が入っていて、すごく感じのいい出来でした。メッセージも全員分それぞれ作成され、Yさんの思い出がかかれ、これもまた感じのいい出来でした。


Yさん作成のお守り

◇「記念撮影(集合写真)」
会の最後を記念撮影(集合写真)で締めくくりました。

時間を1時間ほど超過しましたが、終始楽しい雰囲気の会でした。
司会は、私Y.O.でした。

加賀谷先生の歯科講習

移行分室のイケメンKINGです。

初めて挑戦したので難しかったですが読んでくださると幸いです。

歯科講習1-1


7月24日(火)に文京区民センターで歯科講習がありました。

茗荷谷にある加賀谷歯科医師の加賀谷昇(のぼる)先生と歯科衛生士の小林先生が講習してくれました。

ファースト、セカンド、サード、移行、ホーム、第二ホームが集まりました。
歯科講習2-2

歯科講習3-3


紙コップに水を入れ口に含みうがいして透明のコップに移しかえどれだけ汚いか見たり、加賀谷先生が銀杏の皆さんに歯ブラシをくださり歯の磨き方の練習をしました。皆さん一生懸命に聞いて練習していました。
歯科講習4-4

歯科講習5-5


つばがよく出る体操もしました。この体操は唾液が出るところを中心に手でさわりながらやる体操です。唾液が出たほうが体にはいいみたいです。

口臭予防は歯を磨いたりリステリンできれいにするしかないみたいです。あと口臭予防には梅干しもいいそうです。


最後に加賀谷先生、小林先生、ユーモアのある素晴らしい歯科講習ありがとうございました。

第66回 家族教室

分室で今回初めてブログをアップします。チョロ松です。

平成30年6月9日(土)13:30より
移行分室にて第66回家族教室が開催されました。
内容は、過去、現在、これからの自分でした。参加者は46名(家族は29名)でした。

進行係はサード職員のFさんで、ゲストは本郷の森・前理事長であるA氏で、内容は統合失調症や自立のためについての話などでした。参加者はその話に耳を傾けていました。

そしてOBメンバーM氏にご登壇いただきまして、メンバーの方からの体験談を交え、ご家族自身が元気に生活できるような話をしていただきました。その後は質疑応答やグループワークをしました。皆様の10年後の未来へ向けて~幸せが訪れることをお祈りしております。

1-1家族教室

7月3日 夕方からのOB会

7月3日 午後5時から、移行分室でOB会がありました。
この会は、移行分室の説明、OBの方のお話、仕事ぶりの紹介、関係機関の来賓の方の挨拶など、移行分室が総力を挙げて企画したと思われるものです。

かずたは、以前何回か移行分室について書いているので、リンクを載せておきます。

<移行分室に関する記事へのリンク>http://hongounomori.blog.fc2.com/blog-category-6.html

ここでは、OBの方が実際前に出てきた時の様子を記すことにします。

質問形式でのOBの方のお話

ここでは、最近就職なされた方を含む、3人の方のお話がありました。
質問形式でしたが、かずたはメモも録音もはばかれる雰囲気だったのでほとんど記憶に残っていませんが、スクリーン(ホワイトボード)にビデオを映し出すというかずたはあまり体験したことがない手法が取られ、わかりやすいものだなぁと感心しました。

中でも度肝を抜かれたのは、あるOBの方のパソコン操作!
ものすごいスピードでキーを打っていました。

更に、この3人は、会社からもよく仕事をやっていると評価されていて、素晴らしい人たちなんだなあとかずたは思いました。

講演形式でのOBの方(Uさん)のお話

バレーでの活躍が印象深いUさん。彼からは、講演形式にお話が変わりました。
一時は、生活保護も考えたというUさん。
彼は、まだ就職の前の段階だとか、銀杏企画と似ている仕事なのでそれほど困難はないなどと謙遜していましたが、上司からどこへ行っても通用すると太鼓判を押されているほどの人物です。
更に人間的にも上司から認められていて、かなり優れた人物だと思わされます。
今働いている所から出ても、ご活躍を期待しています。

精神障害者の就労の歴史を紐解いたOB(Tさん)のお話

かずたは思うのですが、なぜかTさんの話は、頭の中にするすると入ってきたんですよ。
それは、一方は現在働いている職業人、もう一方は作業所勤務の無職の人間という立場の違いはあれど、若いころから就職に関して行ってきたトライアンドエラー、周りの精神障害者に対する環境というものを肌で感じているということに共通性があるからだと思います。
更に、Tさんは、銀杏企画就労移行で就職した最古の人と言うあたりにも歴史を感じます。
しかも、今の会社に就職した時の年齢がかずたの今の年齢ということにも驚かされます。(かずたも決して若くない。)
これだけ長い時間をかけて熟成された就職への道を言うのも、かずたにも否応なしに何か感じさせるものがあります。
職場でも頼られる存在のTさん。今後も仕事に頑張ってください。

来賓の方々

ハローワークや、就労支援センター、OBの上司の方などがいらっしゃっていました。

写真コーナー

OB会の様子  OB会の様子

OB会の様子  OB会の様子

OB会は、こんな様子で進行されていました。

無理に結びつけるわけではないですが、偶然かどうかわかりませんが、バレーやフットサルを銀杏でやっていたOBさんが多いと感じました。
スポーツで何か得られるのかもしれません。

移行分室見学会に行ってみました!

先日5日、移行分室での大規模なイベント、見学会に参加してみました。
グループワークの一環として行われたもののようで、少し前に分室に訪れた時よりも、メンバーさんがかなり立派になっているという印象を受けました。
来場者数も、ほぼ椅子がいっぱいになるくらいになっていました。
進行も、全て分室のメンバーさんが行っていました。

ようこそ就労移行へ!


資料が配布されまして、自分は少し前なので完全には覚えていないこともあり、プログラム紹介と書かれた書面を頼りに話を進めたいと思います。

 就労セミナー

就労セミナー:ビジネスマナー・就職活動のためのプログラム
前期・・・社会人として恥ずかしくないようにビジネスマナーを習得しましょう!
後期・・・面接の実践練習を行います。役立つ情報やポイントを習得しましょう。

第1回

 自分が目指す生活や働き方について考えてみよう!

第2回

 社会人としての心構え①

第3回

 社会人としての心構え②

第4回

 敬語の使い方

第5回

 電話① 内部・外部の電話の取り次ぎ方

第6回

 電話② 実際に電話の取次ぎをやってみよう!

第7回

 電話③ メモの取り方・電話のかけ方

第8回

 電話④ 電話の対応で困ったとき、どうする!?

第9回

 お客さんが来た時の対応の仕方(お茶の淹れ方・出し方)

第10回

 履歴書の書き方

第11回

 履歴書を書いてみよう!

第12回

 職務経歴書(自己PR書)の書き方

第13回

 職務経歴書(自己PR書)を書いてみよう!

第14回

 ハローワークの人に書類を見てもらおう!

第15回

 面接練習① 上手な面接の受け方、スーツを着てみよう!

第16回

 男性:身だしなみ講座 女性メイクアップ教室

第17回

 就職で使える社会資源について

第18回

 面接練習②(想定質問集について)

第19回

 面接練習③(想定質問集の答え方を考えよう)

第20回

 面接練習④(入退室、求人票の味方)

第21回

 模擬面接①【面接官:理事長】

第22回

 模擬面接②【面接官:各所所長】

第23回

 模擬面接③【面接官:ハローワークの職員さん2~3名】

第24回

 ~これからの就活に向けて~

見学

  ハローワーク、企業①、②、③

というスケジュールで行われるようです。
現在、火、木の週2回行われているようです。
かなり濃い内容ですが、話によると、お茶を淹れる練習をした後、お茶会を開いたりして、楽しみの要素も入っているようです。

 SST

週一回、自分の考えや気持ちを上手に表現できるようになるように、皆でロールプレイをしながら学びます。具体的な課題としては、挨拶の仕方、上手な断り方などです。

 パソコン教室

週二回、基本的なPC操作や、ワード・エクセルの使い方を教わっています。

 作業

週一回、実際の職場を意識して責任を持って、自主的に取り組むことを目的として、封入・発送作業等を行っています。

なお、かずたは聞いてて、アレと思ったのですが、分室ではタックシールの印刷までメンバーさんがやっているようです。

 グループワーク

この見学会も、グループワークの一環だそうです。

 振り返り

月2回、目標を立て達成できたかどうか話し合っています。




また、「入浴、歯みがき、洗顔・化粧・ひげ、爪、清潔な服装」を毎日チェックしていて、プログラム前後の気分と体調、一日の振り返りで努力した点等の記入、週単位でも、目標、目標に対してどうだったか、努力した点等を記入しているようです。






 写真コーナー

Aさん Yさん

Eさん Mさん

このような感じで、メンバーさんが進行なされていました。




全体的な感想として、同じことになるかもしれませんが、プログラムが非常に濃い印象を与えるのと、生活面でのちょっとしたことにまで気を配っているという感じがしました。

確かに、何かを成すには小さなことの積み重ねかもしれません。
それを、就職に当てはめているのだと思います。

移行分室訪問 その4

【その1】  【その2】  【その3】

Q.今後の分室の予定は?



分室長今まで、1年に2回の募集だったんですけど、もうちょっと増やして1年に3回募集する予定があります。時期は、まだはっきりとはしていないのですが・・・

―――かずたそうすると、学校の1学期、2学期、3学期というような感じなんでしょうか?

分室長今まで2回だったのを3回にして、就職を希望する方が、移行プログラムを使いやすくなるような流れでやっていけるといいなと思ってますね。

Q.就職を目指すメンバーさんたちへの

メッセージをお願いします。



分室長本当に障害者就労というのはここ数年ですごく世の中の流れからみても変わっていて、以前は、56人以上いる企業は障害者を雇わなければならない決まりがあって、雇った障害者としてカウントされるのが、身体、知的障害の方々だけだったので、精神障害の方を雇ってもその人数に反映されず、だったらカウントされる人を採るよということになってしまっていたんですよ。
そこがカウントされるようになったので、今はそのあたりで精神障害をお持ちの方の就職先も広がったかなと感じています。
で、実際にお仕事をされた先輩たちも、もちろんそれぞれの事情があって途中でお辞めになった方もいらっしゃいますけど、支援機関とか、私たち銀杏企画の職員だけでなく、支援センターとか、ハローワークとか、色々な関係機関の支援も充実しているので、色々な方と連携してお仕事を頑張っていらっしゃる方が多いと思います。
なので、社会復帰を目指す方も、決して一人ではなく、仲間もいるし、私たちもいるし、色々な支援機関さんとか、色々応援団がいるので、一緒に頑張れたらいいかなと思います。


―――かずた短い時間でしたが、お話を聞かせていただき、ありがとうございました!


【おまけコーナー】


インタビュー後、軽い雑談風になったので、参考に載せておきます。

自分がふと上を見ると、天井と平行に回る扇風機のようなものがあったんですよ。
天井で回る羽根のようなもの

そのことについて聞いたところ、空気を撹拌して、空調の効きを良くするもののようで、かずたは無知さを披露してしまいました。

また、きれいにリフォームされた何もない部屋から、家具を運び入れたり、ロッカーに張るテプラを作ったり、色々な掲示物、特に、ドアに貼ってある案内の紙が自慢のようで、PC教室で作ったということでした。
こうして、少しずつ移行分室という空間を、みんなで作り上げていこうということのようでした。

また、意外に思ったのは、7人程度しかいないのに、3人で2週交代制の週番があったり、お茶代係さんがいたり、しかも各所みなやり方が違うので、話し合ったそうです。
1日の予定




以上、分室にインタビューに訪れたことを書いてみました。
こんな長文を書いたのも久しぶりです。ここまで読んでくれる人はいるのでしょうか?


読んでくれたアナタ偉いです( ^^) _旦~~。

最後まで付き合ってくださってありがとうございました(*^_^*)。



それでは、移行分室の皆さん、就職目指して頑張ってください!!!


プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



12月3日第22期生オリエンテーション (12/13)

ふれあいの集い (12/11)

移行分室 本郷の森便り (11/22)

移行分室 待ちに待った行事 (11/22)

移行分室 就職セミナー (11/20)

日光旅行2018 (11/16)

2nd:箱根一泊旅行 (11/12)

銀杏企画誕生会 (11/01)

本郷百貨店祭り2018 (10/29)

銀杏企画旅行2018 (10/26)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。