文京総合福祉センター祭りに参加しました。

この前の11/14(土)江戸川橋駅近くの、今年4月から始まった施設の、”文京総合福祉センター”のお祭りに出店(銀杏企画は寄付を募っていただけなので、店ではないのですが、)しました。
銀杏企画が行っていたのは、多分”子ども縁日”のカテゴリでくくられている、的あてのコーナーでした。
かずたは、東大のイベントに続き、またもや苦手な仕事になってしまいましたが、頑張ってやりました。
今回のブログでは、この的あてのコーナーのことを主に書き、最後に同じ日に行われたフットサルの大会”ぽるとカップ”について簡単に触れたいと思います。

銀杏企画のブースの場所について

この日は、冷たい雨が降っていた日で、かずたと同じ時間にお手伝いするセカンドのメンバーさんの2人で、石切橋と言うバス停で職員さんが迎えに来るのを待っていました。
少し遅れて職員さんがいらっしゃって、一緒にセンターへ向かいました。

的あてが出し物だということは一度練習したので分かっていましたが、駐車場でやるという話がそうではなくなっていました。
写真が撮られているので、何枚か示してみます。

的あてコーナー1
的あてコーナー2
的あてコーナー3
的あてコーナー4

この場所は、廊下の壁が細長くへこんだ行き止まりといったものでしょうか。幅が本当に狭い、ちょうどホーム銀杏の所長さんが来ていましたが、彼のような体の大きい人が2人並べないのではないかという幅の狭い所でした。
しかも、幅が狭いので細長く見えるへこんだ空間で、かずたは主に球を渡す係と呼び込みをやりましたが、廊下にちょっと出ていないと死角になってしまって気がつかれないような所でした。

お客さんは、小さなお子さんが主で、ガムテープで外側を巻いた軽い球を、色水の入ったペットボトルに向かって投げ、倒れたもののなかで一番得点の高いペットボトルが得点となり(練習2回、本番3回)、その商品をもらえるというものでした。(主に子どものお菓子ですが、特賞に大根1本と言うのもありました。)

小さな子どもと言っても、結構威力のある球を投げる子もいれば、まだ話もできないのか、球を渡しても大切そうに持っていて投げない子までいました。

このような感じなので、球が散乱するわけですが、この狭さが良い方に出て、球拾いが駐車場より楽だったのではないかというのがありました。

福祉センターのお祭りと言う場所柄のせいだろうか?

最初のうちは、かずたは無言で景品を渡したり、球を渡したりしていましたが、(職員さんや一緒にやったメンバーさん本当にフォローありがとうございましたm(__)m)客寄せをやってくれと言うので看板を持ってへこんだ空間から少し出た廊下で、呼び込みをやりました。
東大のイベントで1度経験しているのでこちらの方が幾分やりやすかったのですが、今度は室内なので叫ばずにやりました。
それが不思議なことに、的あていかがですか~!とかやっていると、お父さん、お母さんがぞろぞろ子どもと一緒にあの細長い空間に入っていくんですよ。
大人の方や、障がいを持った方もいらっしゃいましたが、大部分は小さな子どもでした。
こんな怪しいおっさんが呼び込みをやっている所に入ってくれるとは、やはり福祉センターのお祭りと言う場が大きな意味を持っていると思いました。
ちなみに、呼び込みが中番のサードのメンバーさんに代わってからさらに子どもたちが入って来て、行列ができていました。
しかも、きちんと待っている!やんちゃな子もいましたが、いい子が多いんだなぁと思って球を渡す仕事を終わりまでやって、帰りました。
この日は病院に行く日だったので、センター内は見られませんでしたが、色々な催し物があったようでした。
他に2枚写真が撮られているので、ここに載せておきます。
銀杏企画は、非常に大盛況なコーナーの運営でした。
後ほど聞いた話ですが、球を投げた人100人以上、寄付金も想像をはるかに超える額で、本当に予想を超えた大盛況ぶりだったようです。

会場1
会場2

ぽるとカップ

この日は、冷たい雨が降っているにもかかわらず、横浜からさらに先に行った所で、ぽるとカップと言うフットサルの大会があり、銀杏企画のチームも出場しました。
春に行われた陸上大会は雨なら行かないということでしたが、こちらは行ってしまうという所がすごい所です。
かなり力が入っていると感じられますし、遠くまでわざわざ遠征に行くというのもそう思わせるものがあります。

試合の結果はあまりふるわなかったそうですが、雨の中お疲れさまでした。
余談ですが、サッカー選手のカズが練習をしていたそうです。

今回のブログでは14日のイベント2つについて書いてみましたm(__)m。

東大ホームカミングデイでお手伝いをしてきました!

10/17(土)、東大正門を入ったところにある銀杏並木沿いで、銀杏企画の数名で、ブースを出している街ing本郷さんの手伝いで、飲み物の販売をやってきました。
両隣が、中華屋さんと、昆布を売っている人々に挟まれている所でした。

今は学園祭の季節ですが、東大の学園祭は確か5月だったと思うし、ホームカミングデイというのはどういった位置づけの催しなのだろうかと思いましたが、にぎやかなものでした。

かずたは、東大の安田講堂に入れると聞き入ってみようかと思いましたが、いざ到着してみると畏れ多くなってしまって、入り口のところで退散してしまいました。

かずたはその後、銀杏並木沿いを歩いただけですが、楽器を弾いている集団があったり、利き酒コーナーがあったりして、かずたも仕事できていなかったら、たまにはお酒を飲んでみたいものだなぁと考えたりもしました。

では、かずたの体験記のようなものを中心に、販売の模様を書いていきたいと思います。
その前に、写真コーナーをどうぞ!

写真コーナー

売り場の様子1
売り場の様子2
売り場の様子3
売り場の様子4
売り場の様子5
売り場の様子6
売り場の様子7


販売体験記

まずは、エピソードから。
というか、売っていたものをまず紹介したいと思います。
売っていたもの:午後の紅茶、水、お茶、缶コーヒー、全品100円。

● 12時からの係の皆さんのエピソード

隣のテントの人たちですが、20本ほどお茶を買ってくれたそうです。
この時間を担当している人たちはみな変幻自在な人なので、理事長もほめていたそうです。
他は、パラパラといった感じだったそうですが、かずたのやっていた時もそんな感じでした。

● かずたの販売体験記

かずたは、販売ほど苦手な仕事はないんですよ。
バザーでも、後の方に隠れているくらいですから…

それが、今回はどうぞ前に座ってくださいと言われて前面に押し出されてしまいました。
困り果ててしまったかずたは、並木道を歩く人をただながめているばかり。2時間のうち、1時間ほどそんな状態が続きました。
それでもパラパラとペットボトルを買ってくださる人がいて、かずたは全然役に立ってない、情けないなあと思っていました。

終わり間際になって、周りのボルテージも上がってきたところで、かずたも勇気を出して大きな声を出してみました。
「お茶いかがですか~!」と叫び続けていただけですが、妙に気持ちよく”さよなら菊水湯”のチラシを配りながらしばらくやっていましたが、しばらくすると、なんとなく周りを威嚇しているような気がして、後ろに下がりました。

結局、お茶は完売しました。紅茶と水は同じくらい。缶コーヒーはほとんど売れませんでした。
4時少し前に、荷物をまとめて、残ったものを返して解散となりました。

さよなら菊水湯

先月末、菊坂の途中にある、菊水湯という銭湯が店を閉めました。
実は、銭湯マニアでもあるかずたは菊水湯さんにも入ったことがあります。
現在、文京区にある銭湯の数は、次々と廃業が行われてしまって、6、7件だと思われます。
そんな菊水湯さんですが、色々とゆかりのある銭湯だったということを書いて、今回のブログを終わりたいと思います。

車いすの女性の願い

実は、かずたは最近金欠でして、1食にパン1個とジュースとかで過ごしていますが、さすがに今日はお金がなくて部屋に籠ろうと思っても無理だったので、近所のAさんの所へちょっと行ってみました。
ドアのボタンを押すとお兄さんが出てきて、根津に行ったよと言うので、僕も根津神社に行ってみましたが、一向に見つかりませんでした。
仕方なしに電話しましたが見つからず、帰ろうと思って正門(?)の方へ行くと、偶然、銀杏企画の偉い方々と、見知らぬ人々、車いすに乗った人、銀杏のメンバー2名ほど(?)(Aさん含む)とばったり出会いました。

根津神社

一体こんな所で何をやっているのだろうと思いましたが、僕も仲間に加わるように言われて、暇だったので後ろの方からついて行きました。

確かに、電動車いすに乗った方は、お体に障がいをお持ちの方だと分かりましたが、もう一台のふつうの車いすに乗った方は、体は悪くなさそうな方ばかり。
根津神社のどこが車いすで通行できないか調べているというような説明を受けましたが、最後に行くにつれて、狙いはそれだけではないということがわかってきました。

根津神社は、本当に車いすには不向きな所です。
至る所に、階段、段差、そして砂利などがあり、車いすの方が一人で来るのはほぼ不可能と言っていい所です。
それを、これだけの人が集まることによって、かなえてしまうということも素敵なことです。

実は、帰る前に藍染大通りにある一室に集まってみんなで話をしたのですが、その車いすの女性は、根津神社に前から行ってみたかったのですが、入ることすらできなかったのだそうです。
もうひとつ、谷中の夕焼けだんだんにも行きたかったのだそうですが、こちらは行き方によってはかなえることができ、根津神社だけは不可能だと思っていたそうです。

それを今日、これだけのメンバーが集まることによってかなえることができ、さぞうれしかったことでしょう。
それに加えて、参拝ができたり、きつね様が祭ってある、階段を上らなければ行くことができない所まで行くことができたのは、ホーム銀杏のH所長を筆頭に、力のある男性が複数いたからでしょう。

さらに、その車いすの女性は脱輪の危険性を言っていて、やはりこれだけのメンバーがいないと実現不可能だったと思います。

しかし、今日の出来事は一体何だったのでしょうか?
銀杏企画の、A理事長、S所長、ホーム銀杏のH所長、セカンドのT職員さん、さらに見知らぬ人々も相当偉い人の感じも受けたし、現役の東大生まで混ざっていました。

自分は偶然出くわしたので、最初説明があったのかもしれませんが、どうしても謎な感じを受けます。
でも、夢は叶えるためにあるものですから、車いすの女性もひとつ夢がかなって、大変喜ばしいことだと思います。
終始、和やかな雰囲気の集まりでした。
根津神社の連続した赤い鳥居
          ・
          ・
          ・
(ここまでは、土曜日に書きました。)


で、本日、月曜日、銀杏企画で趣旨が明らかになりました。

土曜日の出来事は、本郷いきぬき工房という所が主催、協力がNPO法人街ing本郷(http://matching-h.jp/)の「車いすユーザーのかたといっしょに階段をのぼろう!」という企画で、しかも、会場が根津神社という恐ろしく力仕事を予想させるものです。

どうも、企画の目的を読んでみると、災害時の対応、および、バリアフリーマップ作りのようでした。

自分の境遇に照らし合わせて考えてみると、一人暮らしで確かに生き埋めになったら他人が気付かなければ死んでしまいますが、家族で住んでいる方々は、助け合って避難すると思います。
自分は、こういう点でも社会的弱者ですが、このような活動が進められると、助けられることがあると思います。
もしかしたら、この活動が結実したら、何かあった時に命を救われることがあるかもしれないと思いました。

また、バリアフリーマップは、坂道(下りが非常に危険に感じられる)、階段(上り下りができない、どうしても必要な場合は、う回路が必要)、ということで、道を改良する、他の道を通って近道を探すというようなことを自分は考えます。

が、昨日の様子を見ると、その道のプロフェッショナルの人や、東大生までいたので立派なものができると思います。

そして、最後は人と人との助け合いだねということでした。
別に、新しい道を作らなくても、困っている人を助けてあげようという気持ちを、思っているだけでなく実行すれば済むことです。できる範囲で…生き埋めになっている人を助ける腕力がなければ力のありそうな人を探して頼んでみるとか・・・

災害時は、人の意識が変わるので、助け合いもやりやすくなるかもしれません。

【追記】銀杏企画は、東日本大震災の時、帰宅困難な人がたくさんいたため、カレーを大量に作って食べたという実績があります。これも、人が集まっているからこそ出たアイディアだと思います。

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

5月2日の昼食会 (05/11)

2nd:2017歓送迎会 (05/02)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2/28生まれ。男性。
プログラミング初心者です。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
★音楽活動の原点みたいの?
昔、ジャズベ弾いてました。(^^;
※音が出ます
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】