バレー都大会にまつわるお話

1月に行われたバレーボールの都大会、10月と同じく東京体育館で行われました。
今回は競技性の強い大会で、銀杏2017の1チームが参加し、準優勝しました。

2017バレー都大会_銀メダルそして、大会で勝ち取った銀メダルが、現在ファーストに賞状とともに飾ってあります。

去年、初戦敗退しただけに、この成績はチームにとっても銀杏にとっても大変喜ばしいことだと思います!
※クリックで拡大表示できます。

後日、ナイスプレー会というものが開かれ、皆でお祝いしました(^^♪

バレー大会(速報)(?)

17日の大会の結果を短くお伝えします。
まずは、ミラクルズから。


  対戦得点
予選リーグ一回戦ミラクルズ対あしなみオールスター20対25
予選リーグ二回戦ミラクルズ対みのわマックオ’ハナ12対25


残念ながら、ミラクルズの成績は8位でした。
続いて、銀杏2016。

2016_1

2016_2


  対戦得点
予選リーグ一回戦銀杏2016対たまこレジェンズ25対21
予選リーグ二回戦銀杏2016対草むらドリーム25対14
準決勝銀杏2016対たまこレジェンズ21対25


2016の方の成績は3位でした。
なお、陸上大会に出たy_20さんは(2016の一番上の写真)引退試合で、今後も皆で応援しますので、就職活動等頑張ってください。

また、今回の大会、会場にいた人全員について、納得のいった人、いかなかった人がいると思います。
バレーをやっている人に限って言えば、勝っても負けても、前向きな考えを持てば、一月の大会も頑張ってやろうと思えるはずです。
また、一月の大会には出ない人も、十一月の大会で起こった色々な出来事を心に刻んでいると思います。
かずたも家で休んでいて、バレーの好プレー、珍プレーをはじめとして、応援に至るまで色々なことがあったろうなーと考えていました。
詳しい記事はセカンドとサードのブロガーさんにお願いしたと考えていたら、既に書かれていました。
速報ではなくなってしまいましたが、有難いことですm(__)m。

追記:
 先日、移行分室の説明会に行ってきました。
体調不良のためすぐに帰ってしまいましたが、(本当に申し訳ありませんm(__)m。)分室らしさというか、カラーのようなものを今回は感じました。

また、頂いた資料はすべて読みましたが、普段からレイアウトを考えている自分としては、1ページに四角が6個並んでいるのに、どうやったのだろう、すごいなぁという感じがして、移行の方々はこんなところも鍛えられているのかなぁと感じるとともに、退院したばかりののんびりした自分はまだできないと思ったりしました。(^^;

バレーボールの都大会がありました。

先日の、1月20日、千駄ヶ谷の東京体育館でバレーボール大会がありました。
今回の出場チームは8チームでした。
11月の大会に比べ、静かな雰囲気で行われた今大会、銀杏の応援団はスティックバルーンなどを使ってにぎやかでしたが、試合はどうだったでしょうか?
今回のブログでは、簡単に試合結果などを書いてみたいと思います。

試合結果

第一試合ではTON TON、交流戦では大内病院と対戦し、ともに敗戦。
残念な結果となりました。選手の皆様、お疲れ様でした。

写真コーナー

バレー_1
バレー_2
バレー_3
バレー_4

バレーボールのことはよくわかりませんが、今回の敗戦により、選手の皆様に、より技術の向上などに励んでいただくことを望むかずたでした。
選手の皆さん、これからもがんばってくださいm(__)m。

なお、試合の間に、ワンポイントレッスンというコーナーがあり、面白い練習方法もあるものだなぁとかずたは思いました。

11月のバレー大会

この前の、11月17日(火)毎年行われている(休んだ時もあった気がしたが…)バレーボール大会が、千駄ヶ谷にある東京体育館で行われました。
銀杏企画からは、”銀杏2015”、”銀杏ミラクルズ”の2チームが出場し、応援も、銀杏企画総出で出かけました。

今回は、銀杏2015、銀杏ミラクルズ、応援団の3つに分けて書いてみたいと思います。
写真もたくさん撮ってありますが、あまりにも多いので、一部のものになっていることをご了承ください。

銀杏ミラクルズ

銀杏ミラクルズは、Fコートという、かなり階段や通路を通っていく、メインコートとは離れたコートで試合をしていました。
試合の順序としては、ミラクルズ→2015→ミラクルズという順序でしたが、試合の結果は残念ながらこのようでした。
”ブレスブラザーズ”、”麻の葉”と対戦し、ともに敗戦。決勝トーナメントには進出できませんでした。

しかし、大会に出場することによって、チームの絆も深まったでしょうし、何よりも思い出になったのではないかと思います。
女子が多いチームでしたが、一生懸命頑張っていた様子がうかがえました。
渋谷区バレーボール協会賞を受賞しました。

写真コーナー(銀杏ミラクルズ)

ミラクルズ_集合 ミラクルズ_サーブ_遠景
銀杏ミラクルズ ミラクルズ_集合
ミラクルズ_整列 ミラクルズ_表彰式

銀杏2015 予選

銀杏2015は、メインコートの1つCコートで試合を行っていました。
予選の対戦相手は、”湯の町えなじ~’15”、”スポーツLOVER”で、お昼をはさんで戦いましたが、ともに勝利しました。
この2チームは、試合直前の練習試合を行ったチームで、心の準備ができていたのかもしれません。

スポーツLOVERというチームは、フットサルの試合でも見かけたことがあり、確か、夢の島の試合で2位になっていた記憶があり、ここで、銀杏企画から見たら、仇を取った形になった気がします。
ここから、準決勝、決勝について書いてみたいと思います。

銀杏2015 準決勝

銀杏2015:フラシーダいたばし  25:10
25点先取。1セットマッチ。
ここも、どこかで聞いたようなチーム名のチームで、得点は上記のようで、大差で2015が勝ちました。
近くで応援していた職員さんも、勝ち進むたびに動きがよくなっていると言っていました。
この勢いで、決勝戦でも突き進んでもらいたかったのですが、決勝の相手は強豪八王子セブンクラブでした。

銀杏2015 決勝

銀杏2015:八王子セブンクラブ  6:25

決勝戦は、上記のように大差で八王子セブンクラブに敗れてしまいました。
応援も、全員応援で対応しました。
銀杏企画も、少ない点ながらもものすごい気迫で技を応酬していました。
全く見ていて見劣りのしない試合!

ところが、八王子にはそれほど気迫が銀杏に比べて感じられないのです。
これは、バレーの技術が一定のレベルを上回っているからと感じられ、仕方ないと言えば仕方ないと思われます。

でも、銀杏も全く点を取れなかったわけでもないので、八王子に一太刀、二太刀お見舞いした感もあります。
この先、銀杏企画のチームがどうなるかわかりませんが、八王子のような強いチームに対して、さらに迫っていき、ゆくゆくは乗り越えていけたらいいなぁと思います。

写真コーナー (銀杏2015)

銀杏2015レシーブ 銀杏2015サーブ1
銀杏2015サーブ2 銀杏2015挨拶_遠景
銀杏2015円陣、応援 銀杏2015オーバーハンドレシーブ
銀杏2015握手 銀杏2015サーブ_遠景

応援

今年は、応援団は強力だと言われていたのですが、本当に大きなよく通る声で応援していて、実にいい応援団でした。
しかし、当初ファーストと、セカンド、サード、分室と2つに分かれる予定だったのが、分かれなかったので、やはり注意を受けたのか、二つに分かれて、片方は客席からという風になったこともありました。

しかし、決勝戦では全体応援!応援団も全力を出し切った感があります。

おまけで、お弁当の油淋鶏弁当とフロアを歩いていたゆりーと君の写真を載せていきたいと思います。

油淋鶏(ユーリンチー)弁当 ゆりーと君

写真コーナー (応援)

応援2015_1 応援2015_2
応援_ミラクルズ

こうして、今年のバレーボール大会も終わりましたが、皆さんお疲れ様でした。
12月には祝勝会もあるそうです。

選手の皆さんは1月には都大会もあるそうですし、全力で、持てる力を出し切るような悔いの残らない試合ができたらいいなと思っています。

大会前の最後の練習試合

11月6日いつもの体育館で、銀杏2015、銀杏ミラクルズ対、”エナジーハウスのチーム”、”ゆいのチーム”のバレーの練習試合がありました。
銀杏2015にとっては、本番の予選で当たるチームなので、リハーサルの意味にもなっています。

成績は、最初、銀杏企画の両チームとも負けてしまったのでどうなるんだろうと思ってしまいましたが、時間が余ってもう1試合ずつでき、その時は両チームとも勝ったので、互角なのかなぁと思いました。
練習試合なしで、もし、本試合に臨んでいたら負けていた可能性もあり、練習試合で心の準備ができ、意義ある練習試合になったのではないでしょうか。

11月と、1月の試合は、1年の練習の集大成となるものなので、選手の皆さんには、試合を楽しみながら頑張ってほしいと思います。

応援団の人たちも今年は強力ですし、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

Photos

今回は、もはやメインカメラマンとなりつつあるOさんに写真を撮っていただきました。
試合の模様がよく撮れていますので、ぜひお楽しみください。

練習試合の模様1 練習試合の模様2
練習試合の模様3 練習試合の模様4
練習試合の模様5 練習試合の模様6
練習試合の模様7 練習試合の模様8
練習試合の模様9 練習試合の模様10
練習試合の模様11 練習試合の模様12


それでは選手の皆さん、17日の大会では、大会を楽しんで、その結果、いい成績が残せたらいいなとかずたは思っています。

バレーの練習試合(7/3 pm)

この日は、色々とイベントがあり、忙しい一日でした。

1つは、銀杏企画と、エナジーハウス・こまごめ緑陰混合チームとのバレーの練習試合がありました。

銀杏企画からは2チーム出ていたと思うのですが、銀杏企画がサーブだけでほとんど点を取ってしまうチームがある一方、もう片方のチームは、実力が均衡している感じでした。
割とリラックスした感じの練習試合で、相手チームからはまたやりましょうねとの声も出ていました。

写真コーナー

バレー練習試合

バレー練習試合  バレー練習試合

バレー練習試合  バレー練習試合

何といっても、Mさんのサーブが炸裂してました。


まだ、11月の大会まで間がありますが、ぜひ練習に精進していい成績を残してもらいたいなぁと、かずたは思います。

なお、今回の練習試合をセッティングしてくれたスポーツ委員の方々、ありがとうございました。
以前、スポーツ委員さんにインタビューしているので、興味のある方はどうぞ!
URL: http://hongounomori.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

バレーの監督さんにインタビュー! その2

【その1へ】


―――ここからは、監督ご自身について簡単に伺うことにしました。

Q.現役時代、一番きつかった練習って何ですか?

監督:うさぎ跳びっていうのがありまして、これを罰として結構やらされたんですよ。私たちの時代の選手はそれを聞くだけで「ああ、あれね。」ってわかりますけど…

―――かずた:こうですか?(うさぎ跳びをやってみる)

監督:そうそう、それを30分も1時間もやらされる。ありますかと言われれば、そんなとこですね。

Q.身長はどのくらいありますか?

監督:今は、182cmくらいあります。

Q.ご趣味は何ですか?

監督:スポーツ全般。見るのも、やるのも好きですね。例えば、水泳、テニス、バレー、スキー、バドミントン、卓球、具体的に言ったら本当に色々ありますね。

Q.好きな食べ物は?

監督:カレーライスです。

Q.はまっていることって何かありますか?

監督:私は、テレビをリアルタイムで見られないんですよ。練習場へ行ったり、練習があったり、仕事があったり…
だから、休みの日にためておいて、それをこうお酒を飲みながら見る…


―――かずた:そのお酒の質問があるんですけど、好きな銘柄はありますか?

監督:今飲んでるのは、氷結っていうので、あとは発泡酒?プリン体がないっていう。そんな所ですかね。
あとは、家族との時間を大切にしています。休みの日は、家内や子ども達の家族と食事をしたり。そういうことが楽しみですね。息子や婿殿とお酒を飲みに行くこともありますよ。


Q.好きな言葉は?

監督:「不言実行」だったり「忍耐」ですね。「忍耐」っていう2文字は私の座右の銘で、とにかく我慢をしていこうということですね。

―――Kさん:やっぱり、スポーツとかやってる時も忍耐っていう…

監督:あっ、ありましたね。教えててもそうですよね。
教えるということに関すると、例えば、「山本五十六」(いそろく)っていうすごい軍人がいらしたんですけど、その山本五十六っていう人が言った言葉の中に、

”人を導く時は、こう、(自ら)やってみて、で、言って、こうだよって言って聞かせて、そしてやってごらんてさせてみて、ああそれでいいんだよって誉めてあげないと人は動かないよ”

っていう言葉があるんですよ。で、私はこうやって人に何かものを教えるって言う時には、その言葉を常に頭の中に置きながら、進めてるってことですね。


―――Kさん:まさに、銀杏で監督が教えてる時、よくほめてくれるなぁって本当にうれしい気持ちになるんですよ。

監督:だから、最初に自分がやってみなければだめなんですよ。最初からやれやれじゃなくて、自分がまずやってみてね、こう実際にやってみて、で言って、つまり、こう、こんな風にできる?って問うて、でやってもらってね、初めてそうなんだよそれでいいんだよって誉めてあげる。五十六の言葉に従うと、比較的、自分が伝えようとすることが伝わりやすいっていうかな、そういうことが長くやっててあります。

Q.それでは、何か最後に一言お願いします。

監督:私がこういう機会を頂いたことは幸せだと思います。やっぱり、銀杏企画と言う団体に関わらせてもらってもう7年以上になるのかな。多分、8年目くらいに入ると思いますが、やっぱり自分のライフワークの中で、この銀杏企画とのかかわりがとても充実しているってことをありがたいなと思い感謝してます。

―――かずた、Kさん:本日はお忙しい中ありがとうございました!

五十六_名言

バレーの監督さんにインタビュー! その1

【その2へ】


1時間も早く体育館に着いてしまったかずたとKさん。写真機を忘れてしまい写真は撮れなかったのですが、試合形式の練習を見学していました。
監督さんの方からコミュニケーションを取ってきてくれてうれしかったのですが、ミーティング終了までひたすら待つことにしました。
選手の皆さんが帰ってしまったあと、インタビューを始めましたが、かなり友好的に接していただけてありがたかったです。

監督さんは、銀杏企画だけでなく、様々な所でスポーツ指導をしていて、その合間を縫って自身のスポーツ関係の仕事をなさっている非常に忙しい方です。しかも、帰りが夜の9時過ぎになるのは当たり前。まるで鉄人のような人です。
銀杏企画でバレーを教えているのでバレー専門の監督と思われがちですが、実は水泳やテニスなどをはじめとして、色々と多岐にわたるスポーツを教えることができる、マルチプレーヤーでもあります。

そんな監督さんの一日をまず載せてみたいと思います。

【監督さんの1日】
  • 6時頃
    • 起床

    • 朝はゆっくり朝食を取る

    • 家族との時間を大切に。

    • バレーの練習。銀杏バレーもこの時間帯にコーチをお願いしています。

    • 合間を縫って、スポーツ関係のお仕事。

  • 夜~21時頃
    • ほぼ毎日、バレーのコーチのお仕事

    • 社会人クラスや、小学生、中学生も教えています。


空いている日はもちろん、御家族と一緒に過ごしているそうです。
休みなく働く皆の監督であり、良きお父さんでもあります。


では、ここからインタビューの模様をお伝えします。

Q.監督として心掛けている事はありますか?

監督:バレーの時間を充実したものにしたいなあと思っています。要するに、みんなが、作業しないで練習に来てくれるわけじゃないですか。作業所で残っている人たちがその作業を継続するわけですよね。そうすると、継続して作業している人たちの気持ちを考えた場合、やっぱり無駄な時間にはできないと考えています。

Q.選手に課している事、求めている事は何ですか?

監督:求めているっていうことについては、選手がこのバレーの時間に来たいなあという気持ちになるようなことを常に自分として心掛けているような…
だから、選手がそのために早く寝なければいけないとか、食べたいんだけど、食べたら食べすぎて体調を崩しやすいよなということを自覚してもらえるような、そういう風に思ってくれると嬉しいですね。


Q.では、再び、選手に課している事を伺ってもよろしいでしょうか?

監督:課すなんて大上段に構えたり、上から目線でものを言ったりはしないですけど、今言ったようなことをお願いしたいですね。
選手が普段のこの週1、2回の練習に来たくなるような練習の内容にはしたいですよね。だから、選手がそうやって早く寝なければいけないと思うくらいに、この練習が楽しかったり、気持ちが高揚するような内容だったら、あのコーチ、あの監督、あのメンバーと、同じ時間を共有したいなあっていう想いで、早くも寝るし、食べ物もちょっとは考えてということを…


―――かずた:楽しいから自発的に来るという感じですか?

監督:そうですね。
選手に求めているチームワークについても、今言ったようなことも含まれてると思います。日頃言うのは、例えば、パス練習がうまくいかなくてボール取りに行くじゃないですか。そんなときに、自分がうまくいかないことをしたにもかかわらず、自分はそこに立ち止まっていて、その相手方の人がボール取りに行ったりすることが多いんですよ。でも、本当はそうじゃなくて、…


―――かずた:自分で…

監督:自分 ”も” ですよね。相手も取りに行くけど、自分も取りに行けるような、そういうような気持ちを育んでいきたいなあというのは、メンタル面ではありますね。

Q.バレーのスタイルについては、やっぱりサーブを入れるとか、3回で返すとかそういったものなんでしょうか?

監督:そうですね。バレーボールっていう競技自体がみんなでやる競技なんですけど、ネットをはさんでいるので、フットサルみたいに相手が邪魔に入らないで済むじゃないですか。そうすると、相手から返ってきたボールをどうやって相手に返すかっていう競技なんですよ。例えば、フットサルの場合は、ボールを蹴って出したとしても、出そうとした時に敵がその間に入ってきたりして接触があるじゃないですか。だけど、バレーはそれがないわけですよ。ネットをはさんでいるから相手が邪魔しない。私が目指すバレーボールっていうのは、銀杏企画だけじゃなくて、いくつかの団体に教えを求められて行った時にも、それをすごく重視してます。もう、私のポリシーと言っていいくらいで、いかに自分たちの所にボールが来た時に自分たちがコミュニケーションよくやって、向こうに対して強いボールが打てたり、仲間が求めるボールが出せるようなチームっていうのを心がけてます。

Q.では、(銀杏バレーが)目指すところは?

監督:そうですね。競技だから勝ちたいですよね。1点差でも勝って、勝つと嬉しいわけじゃないですか。そうするとやっぱり、負けないようにする方がいいんですけど、でも、勝ち負けばっかりにこだわっていると、競技ってすごい偏りがちなんですよ。例えば、厳しいことを求めたり。だけど、団体のその主たる目的が、コミュニケーションですよという場合と、いや勝ちにこだわっているんですよという場合とを比較すると、やっぱりこの銀杏企画のバレーは、やっぱりコミュニケーションをとって…

―――かずた:コミュニケーションの方ですか?

監督:一口に言ってしまえば、コミュニケーションの方を重視してますね。だから、両立できないですよね。楽しく「あ、いいよいいよ。」って言ってて強くなるチームってそんなにないんですよ。やっぱり、「ここはこうだよ。」とか、「あんたこうしないとだめだよ。」ということの方が強くなるには近道かもしれない。でも、遠回りでもいいから、みんなで楽しくやりながら、勝利に近づいていくということが、銀杏のバレーの求めてることかなって言うことですね。


【次回に続く】

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

5月2日の昼食会 (05/11)

2nd:2017歓送迎会 (05/02)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2/28生まれ。男性。
プログラミング初心者です。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
★音楽活動の原点みたいの?
昔、ジャズベ弾いてました。(^^;
※音が出ます
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】