所外アルバイト!(本郷のビル清掃編)

それでは、今回も別の所でアルバイトをしていらっしゃるお二人にお話を聞きました。
前回と質問は同じですが、変わった答えが返って来ていて面白いので、ご覧ください。

現在なさっているのはどのような仕事ですか?

Uさん:本郷2丁目にある個人のビルの清掃をしています。


では、仕事の手順は?

Uさん:これもマニュアルがあるんですけど、ファーストの我々はこれにちょっとアレンジをして、やりやすいようにやってます。それは独特なやり方で、掃き掃除と拭き掃除に分かれるんですけど、掃き掃除の人は掃くだけに専念、拭き掃除の人は窓まで全部やるという風なものです。どうしても掃き掃除の人の負担が大きいので、拭く人は、手すり、窓、そしてモップで床拭きの仕上げ、それを全部まとめてやるという風に今はしています。


仕事を始めたきっかけは何ですか?

Uさん:今回も、募集の張り紙を見たっていうのもそうなんですけど、職員さんの勧めもありました。


Kさん:同じく、職員さんに勧められてです。


初めの印象はどのようなもので、それがどのように変わっていきましたか?

Kさん:最初はどんな感じかなぁと思ってわからなかったですが、最近はわかるようになりました。


Uさん:私も、銀杏の所外バイトはこれが初めてだったんですね。最初のころは、結構色々大変だなあっていう感じだったんですけど、3所でローテーションを組んでて、回ってくるのが3週に1回なので、初めて掃除をする人でも取り組みやすい仕事だと思います。作業時間は15分くらい。ビルまでの往復が30分。考えようによっては時給もめちゃめちゃいいですね。


Kさん:同じ意見です。通勤の方がきつい時もありますね。僕は清掃のバイトはこれだけですが、昔、アルバイトでやったことあるので、昔を思い出しますね。


Uさん:ここの楽しい所は、結構、自分たちでこういう風にやりたいっていうやり方を見つけ出すと、それが試せるんです。
例えば、さっき手順があったじゃないですか。これは、本来持ち場がきっちり分かれているんですよ。それをあやふやにして、さっき言ったように、掃き掃除がちょっと負担がかかるんで、残りは全部拭き掃除の方でまとめてやってしまうやり方をしてみたりとか、あと、最悪の場合一人でやってみてもいいんじゃないのかとか、そういう話ができる所がいい所ですね。ただ3週間に1回なので、ちょうど忘れたころにやってくるというのはありますね。


Kさん:工夫したマニュアルは以前担当の職員に見に来てもらったので、今後統一するかもしれないとのことです。


Uさん:その日は、見に来た人が多くて、サードで3名、担当職員さんで、5名か。すさまじいことになりましたからね。狭いところに。雨だったし…


かずた:狭いんですか?


Uさん:狭いです。というか、階段が狭いのと急なんですよ。


かずた:階段の上から、掃きながらゴミを落としてきて、それで、後から拭いていくんじゃないですかね。何階くらいあるんですか?階数にして?


Uさん:階数にして3階ですね。3階+屋上。だから、4階です。
正式な手順とファーストのオリジナルの手順を話しましょうか?


かずた:では、お願いします。


Uさん:元々は”[掃き掃除(階段、踊り場)、拭き掃除(窓ガラス拭き)]担当”というのが一方で、もう一方が”手すり、モップ拭き担当”という風に分かれていました。これはちょっと面倒なので、ファーストは掃き掃除は掃き掃除だけやってるんですよ。屋上に行くまでの階段と踊り場、そこを上から下へ向かって掃いていきます。で、掃き掃除はこれでおしまい。
で、拭き掃除をやる人が、手すりを下から上へ全部拭いちゃう。で、帰ってくるときに、モップをやりながら降りてくる。ついでに窓を拭く。それを下までやっていって、マイクロファイバーっていう専用の雑巾みたいのがあるんですけど、それを洗浄して、水を流しておしまい。所要時間が、10分から15分。


Kさん:階段が少し急なので、雨の日は気をつけています。


Uさん:最初の頃は、足ふきマットは砂だけ落とせるタイプのものだったんですよ。それを、拭けるやつが欲しいと言ったら入れてくれたりとか、あと、足ふきマットをたたくときの棒が欲しいと言ったら、入れてくれたりするんで、環境としてはいいですね。ここのオーナーさんは、すぐ道具を用意してくれるので有り難いです。


現在、仕事で力を入れている所はどこですか?

Uさん:仕事で力を入れているというか、どうやって手順を楽にするかということを考えていますね。


Kさん:同じく。Uさんが引っ張ってくれるので、助かっています。


辛かったこと、楽しかったことなど何かありますか?

Kさん:仕事の後に缶コーヒーが飲めるのが楽しみです。


Uさん:向かいに100円の缶コーヒーの自販機があって、それを最後に飲んで帰るっていうのが、一つの楽しみといえば楽しみですね。


かずた:そうすると、給料が400円になりますね。


Uさん:まぁ、そうですね(笑)。でも、それだけではすまなかったことがありました。


仕事のエピソードは何かありますか?

Uさん:掃除で出たゴミはそこで捨てられないので、銀杏企画まで持ってこなくてはならないんですね。で、普段は銀杏企画からコンビニ袋を持っていくんですよ。
だけど、その日はたまたま、持っていくのを忘れちゃって、帰るのも面倒だということになって、近くにローソンがあったんで、ローソンで缶コーヒー2本買って、コンビニ袋をもらって、ゴミを捨てて、また缶コーヒー飲んで帰ってきたというのがあります。


Kさん:300円かかりました(笑)。


Uさん:あとは、水分を摂った方がいいとか…
あと、雨降った時のことを想定して、雨降った時に職員さんに見てもらおうということになっていたんですよ。でも、今年は、梅雨時、夏と、雨降らなかったんですよね。全くと言っていいほど…


Kさん:秋くらいになってやっと降ったっていう感じですね。仕事も3週に1遍だし…なかなか当たる日がなかったんですけど…


Uさん:あとは、結構シフトを融通きかせてもらってます。


Kさん:曜日とかも、都合に合わせてもらっているので寛容なオーナーさんですね。


Uさん:実際1回フットサルの練習があったので、時間をずらしてもらいました。


この仕事をどのように生かしたいですか?

Kさん:掃除は仕事の基本だから、基本を覚えられてよかったと思います。


Uさん:この仕事って、作業内容をある程度融通きかせられるじゃないですか。やりやすいように工夫するというのが、どの仕事でも必要だと思うので、そういう考えるということをしていきたいと思いますね。やっぱり、銀杏企画での作業でも、自分なりのやり方でやった方が早い場合があるので、常にどれがやりやすいか考えていきたいとは思っています。




本日は、お二人、どうもありがとうございました。これからのご活躍も期待しています!

所外アルバイト!(飲食店清掃編)

今日から、所外アルバイトのインタビューをちょこちょことやっていきたいと思います。
今回は、やはりファーストのメンバーになってしまうのですが、働いているお二人にお話を聞きました。
それでは、インタビューの模様を記したものを示します。

現在なさっているのはどのような仕事ですか?

Uさん:中華料理屋さんのフロア(厨房以外)の清掃です。


では、仕事の手順は?

Uさん:まずは、マニュアルがあります。AとBのパートに分かれていて、Aは掃除機がけ、Bは椅子や鏡の雑巾がけとトイレ掃除です。
Eさんは、雑巾がけが得意だったんですよね。


Eさん:それは、掃除機が壊れていたためで…


Uさん:私の入った頃が、掃除機の壊れ具合がちょうどピークだったんですね。やっていけばやっていくほどどんどん壊れていって、そのうち、掃除機でやるのが一番きつい作業になってしまったんですね。でも、ある時新しいのにはなっていないけれども、飲食店の方が修理してくれて、それから1ヶ月くらい経つんでしょうか。やっぱり作業能力が全然違うので掃除機の作業がすごく早く終わるようになりました。
むしろ今では、雑巾の方が掃除機の方に時間が合わなくなっているというのがありますね。


仕事を始めたきっかけは何ですか?

Eさん:私はアルバイトを探そうと相談してて、職員さんに勧められました。


Uさん:私もそうなんですけどね。でも、自分の場合は抜ける人が多かった時なんですよ。本来はゴールデンウィーク終わってからにしようかっていう話だったんですけど、ちょっと頼むから入ってくれということで、4月の終わりから入りました。
そして、ちょうどやめるメンバーの中で一番キャリアの長いA君の仕事をゴールデンウィークに見学させてもらいに行きましたが、まあ、仕事の内容は盗めませんでしたね(笑)。


初めの印象はどのようなもので、それがどのように変わっていきましたか?

Eさん:きれいな建物だから、そんな油汚れでゴシゴシっていう感じじゃなくてよかったですね。トイレも、めちゃくちゃ汚いとかはないです。あとは、時間との戦いですね。時間が、1時間5分と決められていて、それまでに終わらせないといけないし、時間が押してきてバスに乗るのが遅くなって、作業所に着くのが遅くなると、単位がつかなくなってしまうので、お金の計算みたいな所もあります。


Uさん:当初からそうなんですけど、強迫観念じゃないけど、穴をあけるのが(2人組で働いているので1人または両方の人が休んで、仕事に空白を作ってしまうこと)一番怖いですね。
他の所外バイトと違って、週2~3回シフトがあるんですよ。だから、ある意味では、練習ってわけではないですけど、段取りとか覚えるのが早いなって思いますね。
あとは、タイムアタックの部分がありますけど、慣れてくると早く終わっちゃうんですよ。そうなってくると、1時間5分きっちりやってくださいと言われているので、ちょっと早く終わってしまった時には、どこかを丁寧にやってみたりとかしてます。逆にぎりぎりの場合だったら、どこかを削って体裁を整えています。幸い、今の所早く終わっちゃったというのが多いんですけど、時間がすごいかかりすぎちゃってというのはないですね。あっ、でも1日とんでもないことはありましたね。。。


現在、仕事で力を入れている所はどこですか?

Eさん:遅刻しないように、それだけです。ちゃんと時間に間に合うように行くって感じです。私以外のメンバーは男の人2人なんですが、頼りがいがあるので、何とかなるかなぁとか思ったりしています。


Uさん:一番Eさん早いよね。


Eさん:来てるのがね。なんとなく早く着いてしまいます。


かずた:現地集合なんですか?


Uさん:現地集合です。現地集合で、近くにセブンイレブンがあって、それでジュース買って待っているんですけど。


かずた:セブンイレブンに集まるんですか?


Uさん:セブンイレブンの横に雨風がしのげる所があって、そこで待ち合わせしているんですよ。それで、だんだん人が集まってくるみたいな感じです。


かずた:Uさんの場合はどうですか?


Uさん:2人一組でやる仕事じゃないですか。だから、相方がやりやすいようにすることを心がけています。こういう風にやってみようって色々相談しながらやっていますが、結局また元に戻ることも多いです。


辛かったこと、楽しかったことなど何かありますか?

Eさん:雨の時も、モップを取りに外に出なきゃいけないんですよ。それが、大粒の雨だったりするとちょっと嫌かもしれません。また、セカンドのOさんと言う人が働きに来ているんですけど、セカンドの情報も聞けて、色々な銀杏の情報がわかるのもいいかもしれないですね。


Uさん:セカンドのOさんの話も面白いんですよね。ベテランなので、いろんな人間関係とか結構知ってて、(以下略・・・)そういう話を聞けて面白かったですね。


仕事のエピソードは何かありますか?

Uさん:Oさんとペアの時だったんですけど、時間通りに集まったのはいいものの、時間がたってもマスターキーを持っている人が来なかったんですよ。結局、その時は仕事ができませんでしたが、給料はもらえたということが1回だけありましたね。そして、次の回に掃除に行ったら、掃除機がきれいに直っておりまして、掃除機を修理してもらえてからだいぶ楽になりましたね。
前のメンバーの話だと、相方が来なくて一人で働いたとかそういうのもあったみたいですけどね。


Eさん:私は、セカンドのT職員さんと掃除をやったことがあったんですよ。Tさんが体力が全然違うなあと思って、ほとんどモップをやってもらったりして、すごいなって尊敬しました。


この仕事をどのように生かしたいですか?

Eさん:お掃除の仕事はあまり自分には向いていないかなと思いましたが、やってみて、結構終わった後の充実感とか、きれいになってすっきりした感じが味わえました。自分の家ではこんなにやらないけど、仕事としてやってみるとすごく精神衛生上良いというか、そういう感じがするので、こういう仕事にも就いてみるのもいいかなって興味はわきましたね。


Uさん:現実に今活かせている所があって、銀杏企画での掃除があるじゃないですか。あれが丁寧になった感じがしますね。後は、スピード。丁寧にやって、なおかつ早く終わらせるっていうことはできてます。
あと、やっぱりペアでやっているんで、本当これ穴開けちゃまずいなっていうのか…配慮みたいのがありますね。




かずた:本日は、お忙しい中どうもありがとうございました。

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



1st:旅行前日 (10/13)

三丁目昼食会中継 (08/16)

ボウリング大会|17/7/3 (08/07)

十周年食事会 (07/24)

銀杏企画で就労できるか? (07/13)

新体制がスタートしました。 (07/06)

1st.6月8日の行事 (06/22)

セカンド:2017年5月のフットサル大会 (05/29)

5月9日、花壇に植栽しました (05/25)

1st:5月2日のAED講習 (05/11)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん紹介

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。
●1st ●2nd ●3rd

1stの書き手さん


HN:かずた

1968/2月生まれ。男性。

更新が稀になりますが、お付き合い下さい ^^) _旦~~
【back】

2ndの書き手さん


HN:SORA

9月生まれ。
2nd女性メンバー。

バレー観戦とお絵描きが趣味です。
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援




HN:理霞

性別:男
年齢:わけあって非公開としますね。

※銀杏企画Ⅱの様子をこれからも楽しくブログを見ている人たちに伝えたいと思います。文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援



※2ndにはもうお一人書き手さんがいらっしゃいますが、今のところ非公開と致します。

【back】

3rdの書き手さん


サードブログ担当:Yです。
  • コンピューターグラフィックス作成などが趣味です。
  • パソコンが得意です。
  • 理系です。
【back】