バレーボール大会のお疲れ様でした会

銀杏企画(ファースト)のアウルです。

2月21日金曜日に銀杏企画の全部署合同でバレーボール大会のお疲れ様でした会をしました。

このブログのバレーボール大会の記事はこちらです。

 2月5日にバレーボール大会がありました。銀杏企画は「銀杏2020」のチーム名で出場し、惜敗となりました。
銀杏企画は監督についていただいていて、愛のある指導をしていただいています。

 「お疲れ様でした会」でも惜敗(せきはい)がテーマでした。
 惜しく敗北したという意味ですが、「悔しい」という気持ちよりも「やり遂げた」という達成感が強くでたはずであり、スポーツ選手としては幸せなことだと、思っていると監督がおっしゃっていました。

 キャプテンを務めたメンバーもプレッシャーはあったそうですが、「惜敗」であり、達成感を感じたそうです。

 コロナウイルス流行の影響で銀杏企画のバレーボールのプログラムは3月中は中止になっていますが、次回のバレーボールの大会も頑張ってください。読者の皆さんも応援していただけると幸いです。

 

バレーボール大会

 銀杏企画(ファースト)のアウルです。

ブログ2020バレー大会1

 2020年2月5日の木曜日に「第20回東京都障害者スポーツ大会団体競技(精神部門)バレーボール競技」が開催されました。銀杏企画は「銀杏2020」のチーム名で参加しました。
 全部で10チームが参加した勝ち抜き戦で、日頃の練習の成果を発揮する場でした。
 会場は駒沢オリンピック公園総合運動場体育館でした。
 銀杏企画ではバレー大会に向けて応援団が結成されて、今年の1月の10日辺りには集まっていたそうです。
 銀杏企画の応援はとても元気のある応援で、応援団を中心にまとまり、スティックバルーンを両手に持ち、本郷の森オリジナルタオルを首や肩にかけて応援します。選手の名前はあだ名四文字で呼び、選手にもしっかり応援が届いているそうです。
 バレー大会のルールは3セットマッチで、2セットを先取したチームの勝ちでした。15点マッチでデュース(ジュース)はありでした。
 デュース(ジュース)とは「ルールの区切りとなる得点よりも1点少ない得点以上の得点で同点になった状態」のことです。この大会においては14点がデュースでした。
 銀杏2020の試合は13時10分から開始されました。

ブログ2020バレー大会2

 銀杏2020の成績は1セット目を13-15で惜しくも落とし、2セット目はさらに接戦となり、デュースを何回か経て16-18で惜敗しました。

ブログ2020バレー大会3

 1セット目からファインプレーが多くあり、ミスの少ないプレーで試合が盛り上がっていました。
 2セット目の前半は銀杏2020がリードしていましたが、相手チームが追い付いてデュースとなり、それでもお互い譲らない戦いが続き、ラリーがとても長く続く見応えのある試合でした。
 相手選手は身長の高い選手が多く、強烈なスパイクを繰り出していましたが、こちらの選手がファインセーブを多く見せてくれてラリーの末、得点する場面もありました。
 大会運営の皆さん、ありがとうございました。応援の皆さん、お疲れ様でした。明るい応援をありがとうございました。
 選手の皆さん、お疲れ様でした。熱く楽しい試合を見せてくださり、ありがとうございました。

ブログ2020バレー大会4

1st:昼食会

 ブログ2020昼食会2月

 銀杏企画のアウルです。
 銀杏企画(ファースト)で2月の昼食会がありました。2月の昼食会は第二ホームいちょうのスタッフも招待しました。
 この日はロシア料理が多く、色も鮮やかでした。
 メニューはボルシチとコッペパンとバターライスとオリヴィエ・サラダと青りんごゼリーでした。
 ボルシチはウクライナの伝統料理で深紅色をしています。ロシア料理とされることも多いです。多くの国で「世界三大スープ」とされています。この日は大きなタマネキ、ニンジン、牛肉が入っていました。スープは少し酸味があり、大きなお肉が入っていてとてもおいしかったです。
 料理班の人がサワークリーム(スメタナ)を乗せてくださり、とてもスープに合っていました。
 オリヴィエ・サラダはロシア料理のサラダで、モスクワのホテルでシェフを務めたベルギー人のオリヴィエ氏が考案しました。別名首都サラダとも呼びます。この日のオリヴィエ・サラダに入っていた食材はジャガイモとピクルスでした。こちらも酸味があっておいしくいただきました。銀杏企画のみんなに好評でした。銀杏企画はピクルスが好きな人が多いようでした。
 コッペパンは底が平たい日本独自のパンで、日本人の田辺玄平氏が考案しました。
 青りんごゼリーは料理班が作ってくれたもので、見た目は透き通っていて爽やかな味がしました。
 料理班の皆さんおいしい昼食をありがとうございます。
 昼食会ではその月が誕生日月の人を祝います。2月は多くの人が誕生日で、これからの人生をどう生きていくか考えている人や銀杏企画に入ってからの自分の心境を話す人がいました。
 2月誕生日の皆さん、おめでとうございます

ブログ2020昼食会2月デザート

ボッチャ(パラリンピック競技)という球技をやりました

 銀杏企画のアウルです。

 ブログ2020ボッチャ01

 銀杏企画でボッチャというパラリンピックの正式種目をプレイしました。2020年1月10日金曜日に行いました。
 ボッチャとはどれだけ多くのボールを「的となるボール」に近づけられるかを競うスポーツです。
 的となるボールはジャックボールと呼び、一番初めの投球者が投げるボールです。
 ボッチャでは3種類のボールを使用します。ジャックボール、赤いボール、青いボールです。
 ジャックボールにいかに近づけることができるかで、2チームに分かれて競います。

ブログ2020ボッチャ03

 片方のチームは赤いボールを、もう片方のチームは青いボールを使用します。
 競技としてのボッチャは重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツになります。
 ボッチャは元々はギリシアの球投げで、6世紀のイタリアで現在の競技ボッチャの原型が生まれたそうです。
 
 銀杏企画でも2チームに分かれ、別の部署の職員さんも参加し競いました。
 初めてボッチャをやった人でもうまい人がたくさんいて、みんなに褒められていました。
 ジャックボールを真ん中まで投げる人もいれば、相手も合わせにくいような遠くまで投げる人もいました。
 ジャックボールや敵チームのボールの位置を動かして、自分のボールの位置に近づけることは重要になる場面も多く、見事逆転するチームもたくさんありました。私は球の狙いを外してしまい、かえって競技範囲の外にいくこともありました。
 途中から男女の人数が近かったこともあり、紅白歌合戦のように男女対抗戦で戦いました。
 男女対抗戦はホワイトボードに点数を書き、3人ずつが参加して、行われました。
 毎回1点ずつ取り合っていたのですが、最後の試合で女子が勝利し、結果女子の勝利になりました。接戦になったこともあり、終始盛り上がっていました。
 男女対抗戦はとても盛り上がり、同性同士で作戦を立てるのが盛り上がっていました。特に仲間意識が強い戦いになっていて面白かったです。
 ボッチャを初めて知った人や久しぶりにやった人も楽しんでいてよかったと思いました。

 ブログ2020ボッチャ02

 ブログ2020ボッチャ04

テーマ : レクリエーション
ジャンル : 福祉・ボランティア

銀杏企画1st2019年一泊旅行二日目

 2019年銀杏企画伊豆旅行

 2019年10月10日 旅行二日目

 旅行二日目。朝にホテルニュー銀水さんを出ました。ホテルの従業員の方々が手を振って見送ってくださいました。

 堂ヶ島マリン
 
ブログ2019旅行堂ヶ島済

 バスで近くの堂ヶ島マリンに移動しました。堂ヶ島マリンは遊覧船に乗ることが出来ました。欠航にならずに乗ることができて運が良かったです。ファーストのメンバーは運を持っている人が多いのかもしれません。
 遊覧船では、洞窟でのUターンゾウの形をした岩など見所がたくさんありました。船内では解説の音声も流れていて、堂ヶ島の魅力が伝わってきました。堂ヶ島という島はなく、この辺り一帯を堂ヶ島と呼ぶそうです。ブログを読んでくださっている皆さんも乗ってみてはいかがでしょうか。
 堂ヶ島マリンを出て、船原峠を経由していちごプラザに向かいました。いちごプラザでは、いちごの商品がたくさん売っていました。デザートやいちごグッズもたくさんありましたが、私はいちごのドレッシングを買いました。おしゃれな見た目の商品やかわいい見た目の商品がたくさんあったので、おすすめです。

 沼津港魚河岸割烹さかなや千本一さん

 ブログ2019旅行お刺身済

 再びバスに乗ってから、沼津港パーキングエリアに立ち寄り、千本一さんで昼食を食べました。千本一さんでは、お刺身をたくさん食べることが出来ました。エビを丸ごと一匹食べることができ、甘くておいしかったです。

 沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム
 食べ終わった後は沼津港深海水族館に入りました。沼津深海水族館では実際のシーラカンスを見ることができました。生きてはいませんでしたが、本物を見ることができて感動しました。シーラカンスは大きくて、迫力がある見た目でした。
 ほかにも珍しい魚やカニなどが展示されていました。タカアシガニは足が長くて、シーラカンスに負けず劣らず迫力がありましたが、見ていた銀杏企画の仲間は食べたいと言っていました。
 ホタルイカの展示エリアでは、幻想的な雰囲気が漂っていて、長く見ている人も多かったです。
 水族館を出た後はバスに戻り、沼津港パーキングと沼津IC海老名サービスエリアに寄りました。

 帰りのバス
 帰りのバスはカラオケタイムになり、たくさんのメンバーが歌いました。中には2曲歌える人もいて、手拍子をしたりして盛り上がりました。
 首都高を通りながら、本郷に戻ってみんなで解散しました。2日間の楽しい旅行でした。
 二日間の交通は東京ヤサカ観光バスさんにお世話になりました。ありがとうございました。
 旅行をセッティングしてくれた実行委員さん、ありがとうございました。それぞれの準備をしてくれた各係の皆さんや参加してくださった第二ホームいちょうの職員さんもありがとうございました。

銀杏企画1st2019年一泊旅行一日目その②宴会

 2019年銀杏企画伊豆旅行の宴会
  
 18時半から宴会を始めました。

 到着時間当てゲーム
 宴会が始まる前に乾杯とバスレク係による到着時間当てゲームの表彰が行われました。
 到着時間当てゲームはホテルに到着する時間を当てるゲームで、渋滞状況や当日の進行次第で変動する到着時間をぴったり当てるのを目指すゲームです。銀杏企画の旅行では恒例のゲームだそうです。

ブログ2019旅行宴会到着時間当てゲーム済

 乾杯
 乾杯は実行委員が声をかけ、ジュースで乾杯しました。遠くの席の人とも乾杯する人がいて賑やかな食事が始まりました。
 ホテルの料理は魚や肉を含め上品な料理がたくさん出ました。

ブログ2019旅行宴会場済


 到着時間当てゲームが終わり、宴会が始まりました。
 私は宴会係だったので主に進行役をやりましたが、ゲームのプレイヤーとしても参加しました。
 宴会はたくさんのゲームを行い、一発芸も披露されました。

 宴会で行ったゲームについて紹介します。

 ①風船割りゲーム
 2人1組で行いました。1人が風船を膨らまし、もう1人がその風船を割っていきます。1組あたり3つ風船が用意されて、一番早く割り切った組が景品を勝ち取ることができます。
 風船割りは風船が割れるときに大きな音がすることもあり、みんな注目してみていました。早い人はコツを掴んでいてすぐに膨らましたり、割ったりしていました。
 
ブログ2019旅行宴会風船割り済

 ②〇×クイズ
 宴会係が作成した問題について〇か×か答えてもらい、最後まで間違えなかった人が景品をもらえるゲームでした。
 最初の方のクイズがとても難しく、早い段階で決着が着きました。来年以降の旅行でクイズをやることがあれば、段階を踏んで難易度を上げていこうと話し合いました。当日使ったクイズをいくつか紹介します。

 Q1.りんごのこうみつは大部分が蜜である。〇か×か
 Q2.槇原敬之の歌「もう恋なんてしない」のフレーズの中で「もう恋なんてしない」が出てくるのは2回である。
 Q3.去年の銀杏企画ファーストの職員の人数は7人である。〇か×か
 A1.〇 りんごのこうみつは大部分が蜜です。
 A2.〇 もう恋なんてしないは2回登場します。ちなみにもう恋なんてしないなんて言わないよ絶対と続きます。
 A3.× 正解は8人です。

 ③フェイスビスケット

ブログ2019旅行宴会フェイスビスケット済

 顔のおでこ辺りにビスケットを乗せて、手を使わずに動かし、食べることができた人が勝利するゲームです。
 上級者は圧倒的なスピードでビスケットを口に運んでしまいました。私も参加しましたが、顔をうまく揺らして口に運ぶのは至難の業でした。このゲームは銀杏企画の旅行では恒例なのだそうです。

 ④ジェスチャーゲーム

ブログ2019旅行宴会ジェスチャー済

 お題を見てジェスチャー役の人がそれに合わせたジャスチャーをして、残りの人が解答する部屋班対抗のゲームです。
 センスのあるジャスチャーがたくさん見られて面白かったです。
 
 ⑤ロシアンルーレット

ブログ2019旅行宴会ロシアンルーレット済

 まずい味がする飲み物や食べ物を食べて当てるゲームです。まずいものに当たったのにポーカーフェイスの人や当たっていないのにまずかった振りをする人がいて、騙されている人もたくさんいました。騙せた人はうれしかったんじゃないでしょうか。
 
 ⑥一発芸

ブログ2019旅行宴会一発芸歌済

 一発芸をやりたい人が披露する場でした。歌う人やものまねをする人、空手をする人、体で音を出して踊る人などみんなさまざまな芸を見せてくれて、笑いに包まれました。
ブログ2019旅行宴会空手済

 宴会が終わってから各自部屋に戻りました。私の部屋では横になっている人やテレビでスポーツ観戦をしている人が多かったです。

 二次会

 宴会終了後しばらくしてから二次会がありました。二次会でも芸を披露する人がいたり、銀杏企画の今までの話を聞けたりして楽しかったです。二次会の参加は自由でしたが、たくさんの人が集まり、みんな楽しめて良かったと思います。

ブログ2019旅行二次会済

銀杏企画1st2019年1泊旅行1日目

 2019年銀杏企画伊豆旅行

 銀杏企画のアウルです。2019年10月9日、10月10日の1泊旅行についての記事です。

 2019年旅行一日目 10月9日
 7時40分に銀杏企画に集合し、50分から観光バスに乗りました。
 旅行中は班で行動する場所と自由行動の場所がありました。1人ひとり2つの班に所属していました。1つは行動班で、もう1つは部屋班です。部屋班はホテル内での班で、それ以外は行動班で行動しました。
 バスの中ではバスレクが行わました。クイズはバスレク係の人が好きなものなど変わった出題も多く、とても盛り上がりました。ビンゴは思いついたお寿司のネタを9マスに書いて、バスレクが言った順番にマークしていく方式でした。タユなど知らない人もいる寿司ネタが出てきて面白かったです。運も関わるビンゴですが毎回すぐビンゴになる人がいました。
 海老名サービスエリア、足柄サービスエリア、沼津インターチェンジ、伊豆中央道で休憩をしたり経由して、G・K・B & Villageに到着しました。

 G・K・B & Village

ブログ2019旅行GKB済

 G・K・B & Villageはジーケービーアンドビレッジと読み、御殿場高原ビールビレッジの略だそうです。私たちはビールを飲まなかったので、G・K & Villageだねと冗談を話しました。
 G・K・B & Villageでは班行動でソフトドリンクバーのついたバイキングをみんなで食べました。バイキングのメニューはカレーライス、台湾ラーメン、お寿司などバラエティに富んでいました。お寿司は鯛もあり、とてもおいしかったそうです。私はデザートもたくさん食べることができました。タピオカにソフトクリームを入れて食べてみたらおいしかったです。料理人さんが目の前で焼いてくれるお肉を食べることもでき、行列ができていました。出来立てで味わえました。
 バイキングの隣にはゲームコーナーもあってみんな白熱した戦いを繰り広げていました。
 その後バスに戻り、船原峠を通って土肥金山へ向かいました。

 ブログ2019旅行土肥金山全体写真済

 土肥金山
 土肥金山は現在は伊豆のパワースポットの1つ。昭和40年に閉山した伊豆最大の金山で、黄金時代は大きく分けて時代と昭和時代の2回ありました。ここでは行動班で行動しました。

 ブログ2019旅行土肥金山人形済

 金山が使われていた当時の坑道の様子を体験・見学できる観光坑道がありました。
 金山の中には動く人形がいたり、説明の看板がありました。当時は送風機やお風呂など少しでも環境を改善するための工夫がなされていました。
 金山の体験・見学を終えてから博物館である黄金館に入りました。たくさんの金に関係するものがあり、重い金塊を持ち上げられるかどうかみんなで競っていました。黄金館にはギネス記録に認定された世界一の金塊が公開されていました。250kgもありました。
 次に砂金採りに向かいました。砂金採りでは採った砂金を持ち帰ることができました。めったにできない体験をすることができ、社会勉強になりました。

ブログ2019旅行砂金取り済

 金山には金にまつわるショップもあり、金色のトランプや金色のスプーンなど面白い物が売っていました。
 土肥金山の後は土肥恋人岬に向かいました。

 ブログ2019旅行恋人岬集合済

 土肥恋人岬
 土肥恋人岬は伊豆の恋愛のパワースポットです。
 愛の鐘であるラブコールベルを3回鳴らしながら愛しい人の名前を3回呼ぶと愛が実るそうです。興味がある方は是非。
 また、恋人岬では海を綺麗に望めました。
 
ブログ2019旅行恋人岬からの海済

 恋人岬では富士山をバックに写真を撮ることができました。
 土肥恋人岬では、恋人同士で撮れる撮影スポットやお土産屋などがありました。恋人岬には「あなたを愛している」という意味の手話の形をした像もありました。

ブログ2019旅行恋人岬の像済

 ホテル堂ヶ島ニュー銀水さん
 パワースポットの後はホテルニュー銀水さんに向かいました。
 ホテルではウェルカムドリンクが飲めました。温かいドリンクも冷たいドリンクも揃っていて素晴らしかったです。
 ホテルの大きな窓からはオーシャンビューが望めて、太陽も見ることができました。綺麗な日の入りを見ることができたメンバーもいました。とても感動したそうです。

ブログ2019旅行ホテルから済

 ホテル到着後は自由行動。すぐに入浴する人もいれば、テレビでスポーツ観戦をする人もいました。仲間と話をしたり、クイズで遊ぶ人もいてみんなそれぞれの時間を楽しんでいました。
 午後6時半からは宴会がありました。宴会については次の記事で詳しく書いていきたいです。

銀杏企画1st2019年1泊旅行準備

 銀杏企画のアウルです。
 2019年10月9日水曜日と10日木曜日に銀杏企画ファーストと第二ホームいちょうの職員で旅行に行きました。
 旅行の行き先は南西伊豆で、見所が沢山ありました。五感を使って楽しめるように実行委員さんが企画してくれました。
 実行委員は職員とメンバーで構成されていて、今年はメンバー3人と職員2人で構成されていました。
 銀杏企画の旅行では、職員とメンバーが各係に分かれて、旅行のための準備をしました。
 各係の紹介をします。
 宴会係
 今年は職員2人とメンバー10人の12人で構成されました。旅行当日にある宴会の企画と準備を行います。
 バスレクビデオ係
 今年は職員2人とメンバー7人の9人で構成されました。バスの中でのレクリエーションと当日の宴会などのビデオ撮影を行います。
 おやつ・写真係
 今年は職員1人とメンバー9人の10人で構成されました。旅行当日のおやつの配布、おやつの買い出し、当日の写真撮影を行う係です。
 しおり・お土産係
 職員2人とメンバー9人の11人で構成されました。旅行のしおりを作成し、旅行に行けない人や他の部署の人のためのお土産を当日に買う係です。

 各係はチーフとサブチーフがいて、チーフがみんなをまとめ、サブチーフがそれをサポートします。
 こういった準備を経て、旅行当日になりました。

1st:昼食会

 銀杏企画のアウルです。
 銀杏企画(ファースト)で昼食会が開かれました。
 銀杏企画の普段のメンバーと職員の他に、ホームいちょうの職員と本部の職員が参加します。
 昼食会は毎回料理班のメンバーと職員が料理の準備をします。
 手の込んだメニューを考えてくれたり、買い出しに行ったりしてくれます。昼食会はその月の誕生日のメンバーや職員をお祝いします。祝われた人は何かコメントをします。今までのその内容の一部を紹介すると「その人のこれからの人生の抱負」や「銀杏企画で日々感じていること」などがありました。長いコメントをする人や短くコメントする人など人それぞれで楽しい時間になっています。
 昼食会の席は自由席です。普段顔を合わせない第二ホームいちょうや銀杏企画の本部の職員と話す機会になっています。
 毎回おいしい昼食とデザートを食べることができ、場合によってはおかわりすることもできて、盛り上がっています。

 昼食会は現在12年続いています。
 2017年7月11日には昼食会10周年を記念して十周年食事会が開かれました。
 当時の銀杏企画のブログ記事があります。
十周年食事会

 料理班の職員がメンバーの皆に十周年食事会のアルバム本を手作りしていました。今回の昼食会でその本がメンバーに配られました。一人ひとり違った内容の本で、もらった本人の写真が表紙になっています。綺麗な本にメンバーは喜んでいました。本の内容は十周年食事会の写真や料理の準備風景の写真、作った料理の写真がたくさん載っていました。包丁などの買い出しにかっぱ橋まで料理班が買いに行ってくれた写真も載っていました。とても思い出になる本となっていました。
 長い間昼食会で料理を作ってくれている料理班の皆さんありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2019料理班02


2019料理班01

 

1st:スカイバス

 銀杏企画のアウルです。
 今回は銀杏企画での7月の行事について書きます。

 7月の行事のメインはスカイバス東京で、警察博物館や東京駅にも行きました。
 スカイバス東京というのは屋根が開いた二階建てのバスで、日の丸自動車興行さんが東京都内で運行されています。

 今回は観光した順番で紹介していきます。

警察博物館
スカイバス01修正完了

 警察博物館にはさまざまなフロアがありました。
 まず館内に入る前にパトカーがありました。中に入ることはできませんでしたが、止まって展示されています。
 館内に入ると、ヘリコプターがお出迎え。こちらは中に入ることができました。
 次に白バイと赤バイがお出迎え。赤バイについては、当時のそのものではなく、同じ系統のバイクが代わりに展示されていました。
 私は赤バイを見たことがあまりなかったので、意外性がありました。
 白バイにはまたがることができ、ポーズをとって楽しんでいる人もたくさんいました。
 いい撮影スポットかもしれません。
 過去の事件についてまとめられたエリアでは、メンバーがそれぞれ当時の状況について思い起こし、話し合っていました。
 科捜研のエリアなどもあり、ドラマで知名度があがっているねと話しました。
 大事件で当時使われていた道具や服も展示されていて、より当時の現場の過酷さが伝わりやすくなっていました。
 映像のエリアもあり、警察犬についての映像が放映されていました。
 警察犬と警察官の訓練について、アニメーションと実際の映像が交互に流れるようになっていて、よりわかりやすく伝わるような映像でした。犬の一人称で語られるシーンが多く、子供たちが親近感を持って見ることができるアニメになっていました。アニメーションで登場する警察官さんは実在の方で、最後のほうでご本人が語っていらっしゃる場面がありました。

キッチンストリート
 お昼ご飯は全員が東京駅のキッチンストリートで食べました。
 あらかじめ、好きな食べ物を選んで班分けしていたので、各自が食べたいものを食べることができました。当日はこの班で行動したので、この班で動くことが多く、私はラーメン班でした。ラーメンは徳島ラーメンでおいしかったので班全員が替え玉と餃子まで食べました。ラーメン屋さんで班の人といろいろな話をして、盛り上がることができ、楽しめました。

スカイバス東京
 スカイバスはレインボーブリッジやお台場を経由するコースで行きました。
 スカイバスには期待していましたが、期待よりはるかに面白かったです。
 シートベルトをつけて発車。発車前に「皆さん心の準備は大丈夫ですか」とガイドさん。
 最初はどういう意味だろうかと考えていましたが、乗っている最中に理解できました。
 まず走行速度が思ったよりも速く、高速道路も速く運転してくださいました。
 高速の間、後ろの席のメンバーは髪の毛が逆立っていて、本人たちも見ている私たちも笑っていました。
 遊園地のアトラクションみたいだねとメンバーと話しました。
 他にも心の準備が必要な場面が。東京タワーの真下を通る際に、バスガイドさんからアナウンスがあり、より映える取り方を教えてくださいました。文字通り真下からカメラやスマホを斜めに傾けて撮ると迫力のある写真が撮れました。
 東京の名スポットをたくさん回るコースで、東京についてより詳しく知ることができ、とても良い機会となりました。
 バスガイドさんはほとんど止まることなく、観光案内をしてくださり、さすがプロだなと思いました。
 レインボーブリッジを通る際は、海も見え、スピードが出ていたこともあり、涼しくとても良い心地で乗っていました。
 豊洲市場の現状をバスの上から見ることができた上に、築地市場の状況も見ることができました。
 銀座や皇居周辺なども通過していき、有名ブランドが入った巨大なビルを横目に見ながらバス観光ができました。

スカイバス04修正完了

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



2020年運動会 (03/16)

バレーボール大会のお疲れ様でした会 (03/13)

第70回 家族教室 (03/11)

バレーボール大会 (02/26)

1st:昼食会 (02/07)

2月昼食会 (02/07)

ボッチャ(パラリンピック競技)という球技をやりました (01/16)

銀杏企画 移行分室 昼食会 (01/10)

委託訓練の体験談 (12/25)

ストレッチ教室 (12/20)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。