ファースト忘年会(2018)

2018年12月14日(金)ファーストで忘年会がありました。
今回は、お二人の方に書いていただいたので、それを掲載したいと思います。

1.私にとっての忘年会

忘年会の当日ひどく朝寝坊がちな私でした。
実行委員の皆さんや、私たちの苦労の種が水の泡にならぬようそれだけ想いました。
会が進むにつれて気分は穏やかでした。
シャネルのシャツがとてもおしゃれでした。
ケラケラ笑って楽しかったです。
(伊藤 善仁)


2. 2018年12月14日(金)

初めまして。Ⅰの玲音です。
ブログ係(仮免)になりました。

初めての記事は、昨年Ⅰで行われた忘年会です

Ⅰでは、ポテサラ班・飾り写真係・サンドウィッチ班・買い出し係に分かれて準備をしました。

飾りは、作業室(1F)を風船や折り紙でされていて、きれいでかわいかったです。
サンドウィッチも様々な味があっておいしかったです。
私が担当したのはポテサラです。

手作りと出来てるポテサラの2種類作成・盛付けをしました。
料理班の方々がたくさんいてくれて私は心強かったです。

忘年会-1

会は、ビンゴをして、ビンゴになった人順で、みんなが持ってきたプレゼントを各々手に入れました。
リーチがたくさん出る中、誰が1番にビンゴになるのかワクワクしました。
結果、職員のTさんがトップであがり「吟味してきます(^^)/」と2Fへ消えて行ったのが面白かったです。

各所でやるのは初参加でしたが、全所でやるのも楽しいけど各所でも楽しい事がわかり、2019年の忘年会はどうなるのか、今から楽しみにしています。



今回はお二人ともありがとうございました。

ふれあいの集い

平成30年12月8日(土)~12月10日(月)まで、文京シビックセンターでふれあいの集いというのが開催されました。
これは、12月3日から12月9日までは障がい者週間だということにちなんで開かれたものだと思われます。

かずたはAさんと工賃計算をやっていたのでみんなと一緒には行けなかったのですが、個人的には行ってみました。
ファーストでは午前中、遅れてきた人などは午後にも行ったと思われます。

かずたは通常半日勤務なので、お昼過ぎにシビックセンターを訪れてみました。

主に行われていたのは以下の通りです。

● 作品展
● 手話体験コーナー
● 実演販売・作成体験(革小物)
● 障がい者スポーツ「ボッチャ」体験デモンストレーション
● お茶席
● 悠友書道会作品展
● 文の京ハートフル工房(障がい者施設商品販売会)

このような催し物があったりなかったり日によって違うのですが、行われていました。
銀杏のみんながどこを訪れたのかは自分は工賃計算をやっていたのでわかりませんが、かずたは、作品展、ハートフル工房に行ってみたので、それをちょっと書いてみたいと思います。
かずたが感じただけかもしれませんが、去年より小規模になっている印象を受けました。

文の京ハートフル工房では、どうしてもかずたは食べ物に目が行ってしまって、他にもいろいろ売っていたと思うのですが、大福や団子を売っていたところがあったので、大福を一つ買い、ファーストの近くの公園で食べました。
よもぎ大福のようでおいしいのですが、包装というか、包み方がきれいだなという印象を受けました。
まごころを込めた丁寧な仕事をしていると感じました。
もう少しお金があったら団子も買ってみたかったです。

あと、どこで売っていたか忘れてしまったのですが、マフラー(?)のようなものも売られていました。
かずたのように色の感覚がなく、しかも目が悪い人間にはよさそうだなぁとしか思うことはできませんでしたが、丁寧な手作業で作られているのだと思います。

作品展でも、もちろんみんな手作りのもの(絵画なども含めて)で、障害を持った人たち一人一人が職人と言っていいくらいです。
目の悪いかずたは5センチくらいの近くに寄らないと見えませんでしたが、よく見ると大変きれいな作品があり、作り方はもちろん、よくこんなきれいなものができるなぁと少し感動するくらいのものもありました。

点字、手話コーナーもあったのですが、気の小さいかずたはためらってしまい、体験できませんでした。
係の方々申し訳ありませんでしたm(__)m。

本郷の森のコーナーもあったのですが、あまりじろじろと見ると本郷の森の人だとばれるんじゃないかと一人で行ったので思い、簡単にしか見られませんでしたが、(みんなで行ったらよく見られたと思う)きっと心を込めて一生懸命作られたのだと思います。
近くにいた人も本郷の森の作品について会話していたので、やはり何らかのアイディアも盛り込まれた作品だったのではないかと思われます。

18-12-10-ふれあいの集い

パラリンピックは世界規模の大会ですが、それに比べるとまだまだ小さな催しものですが、このような分野でも大きな流れができたらいいなぁと思ったかずたでした。

日本だけでなく、世界中に障害を持った人はいらっしゃいます。
そんな人たちが日々行っている活動を通してふれあえる日がいつか来ればいいなぁと思っていますし、この催しの名前も”ふれあいの集い”となっているので、障害を持った人も持たない人も関係なく日々の生活を送っていける未来が来ることを夢見ています。

銀杏企画誕生会

10月25日に、銀杏企画ファーストの10月の誕生日会が行われました。当日は、アップルパイが振舞われ、ドリンクと一緒に
頂きました。
10月の誕生日のメンバーが一人一言を言い、和やかな雰囲気の元、行われました。
言い終わるとアップルパイを食べました。

2018-10-25-アップルパイ

2018-10-25-誕生会

皆和やかな会を満喫しました。(オバQ)

銀杏企画旅行2018

来たる2018年10月11日・12日に、2018年銀杏企画フアースト旅行がありました。今年も一泊二日で旅行が行われました。
10月11日、朝、銀杏企画ファーストに8時集合し、点呼をとり一同は赤門前のバスに乗り込みました。当日はひとりの遅刻も欠席も無く、総勢33名で出発しました。
高坂サービスエリア・甘楽サービスエリアを経て12時、「軽井沢プリンスホテル」に着きました。中に入り進んでいくとレストランに着きました。会場では中華料理が振舞われました。皆で楽しくいただきました。バスに戻り、次の「旧三笠ホテル」に向かいました。きれいな外観の建物は品がありよかったです。次に「白糸の滝」に向かいました。

旧三笠ホテル

白糸の滝

見学を終えて再びバスに乗り込み、一同は草津温泉「ホテル一井」に到着しました。外は霧雨の降る中ホテルに到着しました。マイクロバスに乗り二手に分かれ玄関に行きました。荷物を置き、すぐに「湯もみショー」を観覧しました。15分ほど観覧し終了しました。見終わった面々は、ホテルに戻り、各部屋で寛ぎました。
食事は18時30分から9階大宴会場「湯雲の間」で行われました。

湯もみショー

実行委員会のあいさつの後、乾杯しました。早速に宴会が行われました。フェイスビスケットや風船割り、ロシアン、ジェスチャーがあり、盛り上がりました。皆、食事を美味しそうに食べていました。2時間楽しんだ後食べ終わり、全体写真を撮影し宴会は終了しました。
各自部屋で寛いだり温泉に入り、21時30分から「二次会」が執り行われました。皆、お酒とつまみ片手に話も弾み楽しい時間を過ごせました。トランプで楽しみおしゃべりで盛り上がり時間はあっという間に過ぎました。今年は梅酒が好評でした。
11時30分「二次会」も終了し、就寝しました。
2日目10月12日、6時30分起床で、和定食を食べ、荷物をまとめてチェックアウトしてバスに乗りました。一同は八ヶ岳を車窓から眺め、次の目的地「清泉寮」に着きました。ソフトクリームを食べ、新館に行き、昼食を食べました。メニューはカレーでした。とても美味しかったです。

一井朝食

中村キースヘリング美術館では、アメリカ人の画家「キースヘリング」の絵を見ました。当日、ギャラリーショーなるものがあり、館内で学芸員の方が絵を解説してもらいました。皆感慨深げに聞き入っていました。
最後に「シャトレーゼ白州工場」に行きました。ここでは、お菓子の工場見学とアイスの試食ができました。とてもよかったです。
見どころを一通り見終わり、我々は帰りの途につきました。釈迦堂・石川パーキングエリアでトイレ休憩をはさみ、車内でDVD鑑賞会があり、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を鑑賞しました。とても面白かったです。
首都高で事故渋滞があり、やや遅れましたが、7時頃本郷3丁目にたどり着きました。
2日間、軽井沢・草津・八ヶ岳を廻りとても素敵な思い出が出来ました。一同楽しい時間を共用でき満足でした。
また来年銀杏企画の旅行が成功することを祈っております。 (オバQ)

湯畑

宴会の様子

東大ホームカミングデー

安田講堂

10月20日(土)に東京大学で第17回東京大学ホームカミングデーというのがありました。

本郷の森も出店するということでしたが、かずたは赤門の方から入ってしまって最初は場所がわかりませんでした。

パンフレットを配っていたのでそれをもらい、ページをめくっていくと、正門から安田講堂の方に続く道に店が出ていることがわかりました。

売っているものは、煮卵と玉こんにゃくでした。

11時開店だそうで、かずたは近くのベンチでしばらく待ち、煮卵を買ってみました。
どうやって作ったのかわかりませんがおいしかったです。
この煮卵ですが、2時間後に驚くべきことが起こっていました。

かずたの家は東大に近いのでいったん帰り、ブログを書いてみようと思って再び出かけました。

煮卵を二つ食べるのもヘビーだなぁと思いながら行ったところ、2時間もたっていないのに完売していて買えませんでした。
ちなみに、玉こんにゃくはまだ残っていて、食べることができました。

玉こんにゃく
玉こんにゃくの画像です。

こちらはややしょっぱめの味付けで、飲み物が欲しくなりますが、近くに飲み物をタダで配っているところがありました。
しかし、そこにはかずたは立ち寄らずさっさと帰ってしまいました。

かずた君もう帰ってしまうのかと言われましたが、人混みが苦手で食べただけでさっさと帰ってしまい手伝いもしませんでした。

申し訳ありませんでしたm(__)m

しかし、出し物が全部食べられたというのもかずたも運がいいことです。
玉こんにゃくが完売したかまだ確認は取れていませんが、楽しいホームカミングデーになったのではないかと思います。

1st:今年の係活動

1stでは、今年も旅行の係活動が始まります。

毎年恒例の”宴会係”、”バスレク係”のほかに、旅行に行かない人も入ることのできる”おやつ、お土産、写真係”、”しおり、サポート係”と新しい分類になりました。

新しい分類の係について説明します。

〇おやつ、お土産、写真係:当日車内で食べるおかし、飲み物を用意する。お土産は、当日旅行に行けないメンバー、会社、他事業所にお土産を購入する。写真は、当日スナップ写真、集合写真を写し、後日、焼きましして販売する。

〇しおり、サポート係:実行委員が主体となって今年はしおりを作る。実行委員だけでは大変なのでしおり作りをサポートする。


去年までは分類が違っていましたが、今年はこのようになりました。

ちなみに、今日は実行委員は下見に行っています。

息の長い係活動ですが、今年もみんなで協力してやれたらいいなと思っています (かずた)。

1st:7月の昼食会

1stのかずたです。

今月も昼食会が行われました。
おそらく、11周年目にあたると思います。

メニューは、
☆ 夏野菜カレーうどん
☆ トマトのサラダ
☆ デザート(缶詰のフルーツ)
でした。

18-7-昼食会

カレーうどんの野菜は一部理事長さんにいただき、トマトのサラダは、Iシェフ手作りのドレッシングでした。

当日は、白い服を着ている人が多く、カレーを付けないように気を付けるように言われましたが、かずたは見事につけてしまいました。
確かにカレーのしみは大変だなぁと思い知らされました。

今月も誕生会が行われ、印象に残っている今月が誕生会の職員さんの言葉として、入りたての頃は作業が遅いといわれたというのがありました。
もちろん職員さんなので、今は立派に作業をこなしています。

やはり料理班の作る料理はおいしいです。
カレーうどんの汁も、最初は薄いかなと思われましたが、ちょうどいい濃さでした。

こうして今月も昼食会は終わりました。
11年目の節目を迎えて、おめでとうございました。

AED講習

先日、銀杏ファーストで、救急の時に必要な「AED講習」が行われました。当日は消防署の方が来所し、メンバーが1階で講習を受けました。
始めに消防署の方が救急時の対応を説明がありました。皆、興味津々に聞き入っていました。声掛けや呼吸の確認、心臓マッサージなどのやり方を説明されました。
そのあと銀杏のメンバーが実際に実演しました。

AED訓練4

一通り実演した後質問コーナーが設けられました。緊急時は人命尊重し、119番通報するとのことでした。

AED訓練3

時間となりAED講習は終了しました。皆ほっと胸をなでおろしていました。緊急時の対応が上手くいくよう祈っています。
(オバQ)

7月の行事 「羽田空港整備場」

こんにちは、「オバQ」です。ファーストは7月2日に、ANAの羽田空港整備場に行きました。
当日、朝に7時集合でした。みんな揃ったところで、本郷3丁目駅に行き、JR浜松町駅に着きました。
浜松町から東京モノレールに乗り「新整備場駅」で降りました。徒歩で25分程度歩いた後、ANAの整備工場に着きました。当日は朝早いのとカンカン照りで大変でしたが、何とか目的地にたどり着きました。

羽田1

はじめは中に入り、CAの方に誘導され飛行機のビデオを鑑賞しました。実はこの見学コース、無料で最低人数1名から受け付けているそうで、銀杏の他に何人か見学者がいました。30分経ち、実際に整備場を見学しました。
隣の建物に行くと、整備工場がありました。皆ヘルメットを着用しました。滑走路が見える工場はとても広く、予想を超える大きさで、そのスケールにびっくりしました。丁度飛行機が整備中でした。

めったにない機会なので、皆、緊張した面持ちで見学していました。4階でCAの方に説明を受け、階段で1階に降りました。整備士は国家資格が必要でこの工場でも多くの整備士の方が働いているそうです。1階には工具が置いてありました。

1階に行くと、整備工場から外の滑走路がまじかに見えました。大体2分おきに飛行機が離陸していて、見学中も色んな航空会社の飛行機がごう音とともに飛び立つのを見学できました。そこで全体写真を撮った後、しばらく見学して元の建物に戻りました。

羽田2d1


見学が終わり、再度歩いてモノレールの駅に戻り、隣の駅の「BIG BIRD」に行き、昼食を食べました。時間がかなり押していて、見学中もみな腹ペコの様子で、やっとの思いで昼食が食べられ、嬉しそうでした。レストランからは滑走路が見え、食事を楽しみました。お土産を買い、最後に再度モノレールに乗り浜松町駅に行きました。

当日は朝早くから行動し、寝不足気味のメンバーもいて疲れていたましたが、皆満足したようで大成功に終わりました。
また、行事があると思いますが、今回の行事で新たな思い出ができたようです。ファーストの皆さん、お疲れ様でした。

1st:お弁当をみんなで食べよう会

1stのかずたです。

6/19(火)、お昼に、お茶代から出たお金で、”お弁当をみんなで食べよう会”というのがありました。

多分、O社のお弁当だと思うのですが、数年前に食べた”叙々苑弁当”には値段の上ではかないませんが、相当高級な弁当だという噂でした。

簡単な挨拶があり、4月から他所に移られた職員さんの、Fさんと、Iさんをお招きして会は開かれました。

肝心のお弁当ですが、やはり肉メイン、といっても他にもいろいろバラエティーに富んだ弁当で、かずたなどは食いきれないほどの量がありました。

個人的には、何年か前に行った旅行での”オラッチェ弁当”を彷彿とさせるものがあると思います。

お弁当の写真を撮ってみました。

18-6-19-お弁当

このように、肉が多いです。

更に、かずたには高級すぎて使い道がわからなかったのが、”ステーキソース”、”タルタルソース”、”しょうゆ”、”あと、しょうがおろしみたいなの”、の4種も調味料がついていたことでした。

ステーキソースはご飯の上に乗っている肉にかければいいのかわかりますが、他のは、周りの人に教わったり見たりして使うというありさまでした。

確かに、みんなが高級だと言っているお弁当なので、評判通りおいしかったです。

ご飯少なめなのも健康に良い気がしますし、それでもおなか一杯になりました。

料理班の作る食事も大変心のこもったもので、手作りの味わいがありますが、こういった市販の高級な弁当をみんなで食べるのもたまにはいいと思いました。

去年の年末のすき焼き弁当といい、今回の弁当といい、係でたまったお金が出ていて、いいものです。

ちなみに、今回は車を先に手配したので、その点では慌てることはなかったようです。

プロフィール

本郷の森

Author:本郷の森


文京区にある作業所。
毎日、メンバーの皆さんが作業に励んでいます。
就労移行、グループホーム等も運営しています。
詳細はこちら(公式HP)
文京区 就労継続支援B型 就労移行支援 共同生活援助 指定特定相談支援

カテゴリー

月別アーカイブ

更新履歴



銀杏企画30周年Aさん・Sさん 対談 パート3 (04/25)

銀杏企画30周年Aさん・Sさん 対談 パート2 (04/23)

銀杏企画30周年Aさん・Sさん 対談 パート1 (04/19)

銀杏企画三丁目移行分室 お花見 (04/18)

分室行事:焼肉『叙々苑』 (04/18)

2nd:春の行事 (04/17)

2nd:30周年記念式典にて (03/26)

祝 30周年銀杏企画おめでとう! (03/20)

移行分室・30周年を祝う会 (02/21)

ファースト忘年会(2018) (01/29)

総記事数:

リンク

 

銀杏ブログの書き手さん

このブログは、各所数名の書き手さんによって更新されています。